管理職に向いてない人の特徴【今の時代、早めに撤退もありです】

私は、かなり精神的に追い詰められましたが、なんとか管理職の役割を果たし大きな成果を出すことに成功しました。


それを振り返り、一般論と共に向かない人とはどんな人かをまとめました。


(管理職といっても、会社によって微妙に状況が異なると思いますので、一般論と私の経験も踏まえ解説します。)


この記事は以下のような疑問を持った方のために書きます。
  • 管理職に向いてない人の特徴を知りたい。
  • 現在、管理職をやっているのですが、うまくいってません。どこが向いてないのか原因を知りたい。
  • 管理職をやっていて、大変すぎてもうお手あげです。どうすれば良いでしょうか?


✔︎この記事を読むとメリット

管理職に向いてない人の特徴がよくわかり、今上手くいっていない人はその原因を知る手がかりになります。原因がわかれば自ずと戦略は立ってきます。


また、どうしても向いてない時はどうすれば良いかもわかります。


会社の管理職でなく何かのコミュニティでリーダー的ポジションをやっている方にも応用できます。


それでは記事を書いていきます。




管理職に向いてないから辞めたい人へ


はじめに、あなたが大損をしないように言っておきたい重要な事があります。


管理職に向いてないことに気づき辞めたいと思った人は、すぐにでもやめていいと考えます。その理由として


  1. 管理職は向き不向きがとてもはっきりしているポジションだから
  2. 管理職は給料に見合わないただ辛いだけの罰ゲーム的ポジションのことも多い


上記2点が挙げられます。



例えば、人に指示をするの悪いと思ってしまってためらってしまったり、


管理職という聞こえの良い役職についただけで、実際はただ単に大きな責任を押しつけられているだけということもよくあります。


こういった場合無理をしていると自分が消耗するだけですし、ストレスで健康しなってしまうことさえあります。


向かないなと思ったらなるべく早くやめましょう。これは管理職でなくても言えることです。


またその場合、会社の環境自体に問題があることも考えられますのですぐに止めなかったとしても脱出の準備だけはしておきましょう。


今の時代企業のブラックがかなり進んでおり危険な会社というのが多いのも事実です。


日ごろから転職の情報収集をして自己防衛策をとっておきましょう。スキルアップして転職していけば所得を上げることも可能です。


無料登録して情報収集すべき転職サイト3社

リクルートエージェント

転職業界で支援実績が最多。まずはここだけでも登録して情報収集おきましょう。(登録無料)

doda

大手、優良企業を中心に常時豊富な求人情報を掲載。リクルートエージェントと両方登録している人が多い。(登録無料)

ビズリーチ
管理職・グローバル人材向け国内最大級の会員制転職サイト。求人の質がかなり高い。(登録無料)

※転職相談、面談は電話やオンラインで可能です。


登録も情報収集も無料でできます。今すぐ準備をしておきましょう。チャンスに敏感になれます。


転職スキルについてもう少し詳しく知りたい方や専門職をされているな方は転職が当たり前だった私のおすすめ転職サイトと転職エージェントを参考にしてください。


またこのブログでも何度も一貫して述べていますが、この厳しい世の中と戦っていける稼げるスキルとしてはプログラミングを圧倒的にお勧めします。


つまり、一度はエンジニアに転職する事を強くおすすめします。


現在エンジニアは不足していますし本業で大きく稼ぐこともできます。副業に使うこともできます。さらに時間や場所に依存しない位自由な働き方も可能です。


少しでも興味がある場合はまずは優良なプログラミングスクール( テックエキスパートテックキャンプ) の無料カウンセリングや無料体験を受けてみましょう。 登録は1分ほどでできます。まずは無料期間を利用してノーリスクで小さな一歩を踏み出しましょう。


エンジニアへの転職保証もついていて転職できなかったら全額返金のシステムもあります。


✔︎おすすめプログラミングスクール

テックキャンプ エンジニア転職(テックエキスパート) :オンライン無料カウンセリングあり。転職できなければ全額返金。(オンライン完結)

テックキャンプ プログラミング教養: 無料プログラミング体験会あり。(オンライン学習相談あり)

テックアカデミー: オンライン無料体験あり。(オンライン完結)



プログラミングについて詳しく知りたい方は【無料あり】プログラミングスクールおすすめ3選【30代以上OK】も参考にしてください。

【無料あり】プログラミングスクールおすすめ3選【30代以上OK】


まずは上記の自分を守るための準備をしたら次にいきましょう。


5分くらいでサクッと読めますので、実践的な知識をつけてコスパよくこの社会を生きていってください。


管理職に向いてない人の特徴


管理職に向いてない人の特徴1:リーダーシップがない


リーダーシップがない人は、管理職に向いていないといえます。


関連記事管理職の役割に必要な能力とは?解説しましたが、リーダーシップは管理職をやる上で重要な能力です。


管理職は自分が中心になって複数の部下たちをぐいぐいと引っ張っていかなければなりません。


たまにリーダーとして集団の中心にいることを嫌ったり、積極的に指示を出して人を動かすことが苦手な人がいます。


そういう人は管理職に向いてないと考えてください。


管理職の仕事のほとんどが自分が中心になって人に指示を出すと言う仕事なのですから。




管理職に向いてない人の特徴2:無責任


管理職に向かない人とは、無責任な人です。


管理職は自分だけでなく部下も含めて、様々な種類の責任を持って仕事をすることになります。


場合によっては会社の中の大部分の責任を負わされるということもあるでしょう。


会社の売り上げや人事のマネージメントやリスクマネジメント等を全て管理しなくてはならないこともあり、責任重大なポジションと言えるでしょう。


そんな中で、自分だけ良ければいいとか、自分の仕事さえも責任感を持たずに実行できない人などの無責任な人は管理職には向かないといえます。


管理職に向いてない人の特徴3:ワンマンな人


ワンマンな人は管理職には向きません。管理職はうまく部下を使って仕事で成果を出すというスタンスが基本となります。


むしろ自分が活躍するというよりは、部下の能力をうまく引き出し、部下を主役として働かせなければならないのです。


もちろん、自分が頑張る事は当然です。しかし、どんなに頑張っても自分というのは当然1人です。


1人の仕事の成果というのはたかが知れています。


そこで、複数人いる部下をうまくまとめて全員で何倍もの仕事の成果を出そうと考える人が優秀な管理職と言えるのです。


たまに何でもかんでも自分1人で仕事をしようとでしゃばったりする人がいますが、そういうワンマンな人は管理職には向きません。




管理職に向いてない人の特徴4:嫉妬深い人


管理職に向かない人というのは、嫉妬深い人です。


優秀な管理職は自分は裏方にまわって、部下を主役として大活躍させて、全体の成果をアップさせなければなりません。


部下をうまくマネジメントしてどんどんお手柄を上げさせるのです。


しかし、嫉妬深い人というのは、このような仕事のスタンスを取ることがなかなかできません。


部下がお手柄を受けて評価されたりすることにたいし嫉妬をしたりして、自分自ら主役になってしまおうとするのです。


サッカーで例えるならば、監督がいきなりコートに出てきてシュートとするような感じです。


そんなことをしていては、もちろん仕事の成果も到底出ませんし、部下からもだめな上司と判断され嫌われてしまうでしょう。


あなたが管理している部下が評価されるという事は、当時にあなたも管理職として評価されるということなので嫉妬深い人は嫉妬心を抑えるように気をつけましょう。


関連記事嫉妬をなくすには?【経済的成功のさまたげにもなる】も参考にしてください。

嫉妬をなくすには?【経済的成功のさまたげにもなる】


管理職に向いてない人の特徴5:ひいきする人


管理職に向かない人というのは、ひいきする人です。


管理職というのは、皆に平等に接しなくてはなりません。


もちろん、仕事ができる部下は評価をするし、できない部下は評価を低くするというのは当たり前ですが、


人間的な好き嫌いで部下に対する対応を変えてはいけません。


そのようなよくわからない評価の出し方をすると周りからクレームが出ますし、人間関係が崩れる原因になります。


職場で起こる問題のほとんどは人間関係のもつれから生じるものだと思ってください。


さらにあなたも部下からシンプルに嫌われることになるでしょう。


そうなると管理職として全体の統制も取れなくなるし仕事もうまくいかなくなります。


このように人をひいきする人と言うのは管理職には向きません。




管理職に向いてない人の特徴6:公私混同する人


公私混同する人は管理職には全然向いてません。


特に男性の管理職の方の場合はその立場から部下にモテるという状態になったりすることがあったりします。


モテるという事は仕事をやる上でプラスとして働くことが多いのいいことなのですが、だからといって公私混同しては絶対にいけません。


公私混同してそれが周囲にばれてしまうと、一気に組織の体制が崩れてしまいます。


さらに、関連記事社内恋愛はリスクが高すぎる理由8つ【要注意】でも説明しましたが社内恋愛というのはほとんどは失敗に終わると考えてください。


そしてリスクが圧倒的に高いです。場合によっては会社を去らなくてはならなくなる人も結構いるでしょう。


たとえ相手の方から告白などをされたとしても、なるべくやんわりと断るようにした方が無難と言えるでしょう。


今恋人がいなくどうしても恋愛したいという人は職場ではなく、プライベートで頑張りましょう。以下の記事を参考にしてください。


外見を磨き、プライドを下げれば大抵は異性にモテるようになります。ここら辺は以下の2つの記事を参考にしてください。


【意外】プライドを捨てると圧倒的に得なことが多いという話

プライドを捨てるとメリットが多いという話【意外】

【得多すぎ】外見を磨く事は最強の自己投資という話【方法6つ】

【得多すぎ】外見を磨く事は最強の自己投資という話【方法6つ】


管理職に向いてない人の特徴7:会社の良いところ悪いところを把握していない


管理職というポジションは、会社の良いところも悪いところも両方をよく把握していないと務まりません。


多くの部下を引き連れて仕事で成果を上げていくには、自分たちの強みと弱みを正確に把握していないと厳しい戦いに勝つことができません。


良いところはもっと伸ばし、悪いところは改善するか素直に危険として認めて受け入れていくかなど、会社のファンダメンタルをよく把握していないといけないんです。


ビジネスにおける戦いも、己を知り相手を知って初めて勝つことができるのです。




管理職に向いてない人の特徴8:創造性がない人


創造性がない人は他の色には書きません。管理職というのは、例えて言うと毎日新しいものを作り出すようなポジションであるといえます。


日々刻々と変わる状況の中で、新しい問題やトラブルが発生してそれに対する対応策を考えたり、


時代にあった新しい戦略を練ったりと常に新しい何かを創造する仕事が多くあるのです。


ですから、創造性がなく、ただ単に言われたことをやるという、いわゆる作業の方が好きな人は管理職には向かないと言えるでしょう。


管理職に向いてない人の特徴9:身だしなみに無頓着


身だしなみに無頓着であることや、体型を維持できないなど見た目に気を使えない人は、管理職に向いていないと考えられます。


別にイケメンとか美女である必要は全然ありませんが、自分の見た目をきちんとメンテナンスしている人の方が仕事をする上で有利です。


管理職は人と接することが多く、指示を出したりいろいろな仕事の決定を行うポジションです。


見た目がだらしないとそれだけで説得力を失うし、何となく信用ができない感じになってしまいます。


見た目の改善は思われているよりは簡単にできることなので積極的に取り組んでいきましょう。


関連記事【得多すぎ】外見を磨く事は最強の自己投資という話【方法6つ】も参考にしてください。

管理職に向いてない人の特徴10:周りが見えない人


管理職に向かない人というのは、周りが見えない人です。自分の仕事に夢中になってしまい、全く周囲が見えなくなってしまう人というのは結構います。


自分の仕事に集中しながらも時折周囲を見渡して、部下たちの仕事の進行状況も注意しなければなりません。


常に全体の最適化を図りつつ仕事をしていかなければならないのです。


自分の仕事に夢中になる事は悪いことではありませんが、管理職としてはそういう人は向かないといえます。





管理職に向いてない人の特徴11:すぐ感情的になる人


すぐに感情的になる人は管理職に向きません。


何かあるとすぐに怒ったり熱くなったり凹んだりするような人は、管理職に降りかかる激しい状況の変化に耐えることができないのです。


そして平常心を保っていることができないため変な決断をしたり、変な指示を出したりして、全体が混乱することにつながってしまいます。


よって、すぐに感情的になる人は管理職には全然向いていません。


管理職に向いてない人の特徴12:体力がない


体力がない人は管理職には向きません。管理職は頭脳労働も肉体労働もかなりハードだといえます。


常に頭をフル回転させて思考を続けながら働かなくてはならなく、


さらに残業や休日出勤などもしなくてはならないことが多々あります。


相当の体力を使うので、それに自信がない人は向かないと言えるでしょう。


体育会系の部活などをしていた人は有利でしょう。




管理職に向いてない人の特徴13:神経質な人


神経質な人は管理職に向きません。ちょっとくらいおおざっぱな人の方が管理職の仕事をうまくこなしていけるでしょう。


管理職というのは働いていると、納得がいかないことや矛盾していることなどが多々発生してきます。


意味のわからないことで上から怒られたり、部下がわけのわからないことを言ってきたりなどは日常茶飯事です。


そんな中で、神経質な人というのはその一つ一つを深刻に考えてしまうのでメンタル的にかなり疲弊してしまうでしょう。


よって、神経質な人は管理職に向いていません。


管理職に向いてない人の特徴14:野心がない


野心がない人は管理職に起きません。


みんなをうまくたばねて圧倒的な成果を出し、さらに出世してやろう、みたいな志が高く野心がある人でないと管理職の大変な仕事を全うすることはできないでしょう。


野心から生じるエネルギーというのは凄まじいものがあります。


そのエネルギーは管理職と言う仕事の役割を果たすのにとても役に立つものです。


野心がない人はエネルギー不足となり優秀な管理職として君臨することはできないのです。




女性で管理職に向いてない人の特徴


女性で管理職に向いてない人の特徴1:人に関心を持ちすぎる人


人に関心を持ちすぎる人は、管理職には向きません。


どちらかというと人に対してあまり興味がなく無関心な人の方が管理職に向いてる言って良いでしょう。


仕事で成果を出す上で人への関心は邪魔になることがかなり多いです。


部下への指示にムラが出たり、ためらいが出たりして仕事の進行に支障を及ぼすことが多々あります。


言い方は悪いですが、機械を操作するように部下に指示が出せるような少し感情がないくらいの人の方が管理職には向いていると言えるでしょう。


仕事で成果を出すには、まるでパズルを解くかのように無感情で淡々と作業できる人の方が良いのです。


女性で管理職に向いてない人の特徴2:プライドが高い人


プライドが高い人は、管理職に向かないです。


管理職の仕事なんていうのは、いってみればプライドを傷つけられるような事態ばかりです。


人の失敗を自分のせいにされたり、上司と部下に板挟みにされ無理難題を押し付けられたりと、プライドなんかを持っていては、仕事になりません。



過酷な仕事の中で、いちいちプライド傷つけられたなどとショックを受けて立ち止まっているようでは管理職として向いていない人と言えるのです。


管理職に限らずプライドが高い人というのはかなり損をすることが多いので注意しましょう。


プライドに関しては【意外】プライドを捨てると圧倒的に得なことが多いという話に詳しくまとめたので参考にしたください。

プライドを捨てるとメリットが多いという話【意外】


女性で管理職に向いてない人の特徴3:気が弱い人


気が弱い人は管理職には向いていません。管理職は部下にガンガン指示を出したり、教育したり、


問題やトラブルの解決策を瞬時に導き出したりしなくてはなりません。


ある程度強気位の人ではないとなかなか務まらないと言っていいでしょう。


弱気な人は部下に指示など出せないし、教育することも難しいでしょう。


またリスクや問題等が発生したら解決策を導き出すどころかびびってしまい萎縮してしまう人もいます。


管理職をやるならば自分が多少間違ってるかもと思っても強気で自信を持って勇敢に困難に立ち向かっていく姿勢が必要となるのです。


ドラえもんで言うと、のび太よりジャイアンタイプの人の方が向いていめす。


したがって、気が弱い人には向いていないといえます。




髭脱毛

女性で管理職に向いてない人の特徴4:優しい人


優しい事は人としては良いことですが、管理職には向きません。


どちらかと言うと管理職の人は非常な心を持っていた方が仕事がしやすいといえます。


目標は個人の成果ではなく全体の成果で見なければならないので、


時に誰もがやりたくないような仕事やきつい仕事などを部下にふっていったり、仕事のできない部下は容赦なく注意したりしなくてはなりません。


そんな中で、あまり優しい人というの管理職に向かないと言えるのです。


女性で管理職に向いてない人の特徴5:怒られるのが苦手な人


管理職に向いていない人というのは、怒られるのが苦手な人です。


管理職というのは、とにかくわけのわからないことや理不尽なことで怒られることが多々あります。


うまくいっているときはまだ良いのですが、仕事が傾き始めると急に管理職の責任にされて怒られて追い詰められたりします。


怒られることに対する防御力が高くないと、一瞬で倒されてしまうでしょう。


よって怒られるのが苦手な人は管理職に向きません。




銀座HSクリニック

管理職に向いてないなら転職も考えよ


管理職に向かない人の特徴に多く当てはまった人は、なるべく管理職というポジションにつかないほうが無難と言えるでしょう。


もうすでに管理職をやっているという方は、通常の勤務形態に戻してもらうか、またはそのことでかなり会社にいず楽なるようならば転職を考えるのも選択肢の1つでしょう。



関連記事:転職を繰り返した結果、後々良かったと感じた話【成功体験】でも話しましたが終身雇用もなくなった今の時代1つの会社にこだわり続けるメリットはありません。


それよりも、いろいろな仕事を経験しいろいろな知識やスキルをつけた方が今後の将来のためになると考えます。


もちろん管理職としてもう少し頑張ってみるのも全然良いと思いますが、あまり辛いようならば転職も視野に入れながら自分を責めすぎないように働きましょう。


前半にも言いましたが、いつでも動けるように日頃から転職の情報収集だけはしておいてください。いざというときの命綱になります。登録も情報収集も無料でできます。


無料登録して情報収集すべき転職サイト3社

リクルートエージェント

転職業界で支援実績が最多。まずはここだけでも登録して情報収集おきましょう。(登録無料)

doda

大手、優良企業を中心に常時豊富な求人情報を掲載。リクルートエージェントと両方登録している人が多い。(登録無料)

ビズリーチ
管理職・グローバル人材向け国内最大級の会員制転職サイト。求人の質がかなり高い。(登録無料)

※転職相談、面談は電話やオンラインで可能です。


登録は1分ほどでできます。今すぐ行動を起こしましょう。


転職スキルについてもう少し詳しく知りたい方や専門職をされているな方は転職が当たり前だった私のおすすめ転職サイトと転職エージェントを参考にしてください。


くれぐれも自分を責めずに気楽に楽しんでいきましょう。

今回はここまでにします。


本記事と合わせて読みたい記事のまとめ

転職が当たり前だった私のおすすめ転職サイトと転職エージェント 【無料あり】プログラミングスクールおすすめ3選【30代以上OK】 プライドを捨てるとメリットが多いという話【意外】 【得多すぎ】外見を磨く事は最強の自己投資という話【方法6つ】 転職を繰り返した結果、後々良かったと感じた話【成功体験】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA