仕事ができない先輩の特徴を5つに厳選【まずは環境と適正を疑う】


長い職場人生の中で色々な人を見てきました。仕事ができない先輩にはある一定の共通点がある事を知りました。今回は一般論と実体験を合わせて完璧に解説します。


私は、これらのノウハウをもとに何年間も年収1000万以上稼ぐことに成功しました。今は不労所得も獲得しています。


この記事は以下のような疑問を持った方のために書きます。
  • 仕事ができない先輩の特徴を知りたい。
  • 仕事ができない先輩の特徴を知って上手く対応できるようになりたい。
  • 仕事ができない人達は自分自身でどんな対策をとれば良いか知りたい。


✔︎この記事を読むメリット

仕事ができない先輩の特徴を完璧につかむことにより、その対応策がわかります。


できない人の特徴を知ることにより逆に仕事ができる人になるためのノーハウを学ぶことができる。


それでは記事を書いていきます。


仕事ができない先輩の特徴


はじめに、あなたの気持ちを楽にするために言っておきたいことがあります。


これまでこのブログでは何回かにわたって仕事ができないという概念について徹底分析してきましたが、


極限にシンプルにまとめると、仕事ができないという事はその人の能力の問題ではなく以下の2点である可能性も多いに考えられます。


  1. 環境自体が悪い
  2. 自分に合っていない


上記のような状況下にあると、どんなに能力が高い人でも本来の力を発揮できず仕事ができない人という評価を得てしまうことがあります。


今の職場を冷静に分析してみて上記の2点に当てはまるようならば、すぐにでも移動することも考えましょう。惰性で残っていると大損します。


このブログでも何度も言っていますが、今の時代1つの会社にこだわる理由は何一つありません。 


エンジニアなどの自分のスキルが高まるような仕事を選びどんどん職場を転職していきましょう。(以下に転職をサポートしてくれるスクールの紹介もしておきます) 


そうすればあなた自身が価値のある人間になりますし、所得をどんどん上げていくことも全然可能です。 


変な会社の変な上司やトップにパワハラを受けたり追い詰められたりすることもありません。


以下に武器となる情報を用意しておきますので、ご活用ください。


まずは、転職の情報収集を日々行ってください。チャンスに敏感になります。転職を成功させればキャリアアップにつながります。無料でできます。


無料登録して情報収集すべき転職サイト3社

リクルートエージェント

転職業界で支援実績が最多。まずはここだけでも登録して情報収集おきましょう。(登録無料)

doda

大手、優良企業を中心に常時豊富な求人情報を掲載。リクルートエージェントと両方登録している人が多い。(登録無料)

ビズリーチ
管理職・グローバル人材向け国内最大級の会員制転職サイト。求人の質がかなり高い。(登録無料)

※転職相談、面談は電話やオンラインで可能です。


転職スキルについてもう少し詳しく知りたい方や専門職をされているな方は転職が当たり前だった私のおすすめ転職サイトと転職エージェントを参考にしてください。


転職が当たり前だった私のおすすめ転職サイトと転職エージェント


次に、大きく稼げて自由を得られるスキルの王様としてのプログラミングがありますが、


まずは以下に紹介する優良なプログラミングのスクールの無料カウンセリングや体験からスタートしましょう。合わないなと思ったらやめれば良いだけですし、絶対損はないでしょう。


今なら転職保証もついているプログラミングスクールもあって転職できなかったら全額返金のシステムもあります。


エンジニアに転職して大きく稼いでみたい方はまずは無料カウンセリングで詳細を確認してください。


一気に可能性が広がりますので、今すぐ申し込んで第一歩を踏み出しましょう。


✔︎おすすめプログラミングスクール

テックキャンプ エンジニア転職(テックエキスパート) :オンライン無料カウンセリングあり。転職できなければ全額返金。(オンライン完結)

テックキャンプ プログラミング教養: 無料プログラミング体験会あり。(オンライン学習相談あり)

テックアカデミー: オンライン無料体験あり。(オンライン完結)



プログラミングについて詳しく知りたい方は【無料あり】プログラミングスクールおすすめ3選【30代以上OK】も参考にしてください。


【無料あり】プログラミングスクールおすすめ3選【30代以上OK】


積極的に行動すれば、かなり人生は好転するでしょう。まずは第一歩を踏み出しましょう。上記の内容だけでも可能性が一気に広がります。


次の章からは仕事とのできない先輩について徹底解説していきます。5分くらいで簡単に読めますので実践的な知識をつけて経済的成功を目指しましょう。


仕事ができない先輩の特徴1:責任感がない


仕事ができない先輩は、責任感が全くない人です。


会社で後輩ができる頃になると、仕事ができる人はそれなりの責任感というものが出てきます。


それが全くないとなれば仕事ができない人である可能性が高いです。


そういう人はそもそも責任のある仕事を任されていないという可能性もあります。


継続して働き実力的に頭角を現してくると、だんだんと責任のある仕事を任されるようになってきます。


そのような仕事を任されて個人の責任感というものは養われるものなのです。


雑用的な仕事をしているとなかなか責任感と言うものは養われません。


最初から責任感のない人だと思われているからそれなりの仕事を任されないのか、


それとも責任感のある仕事を任されていないからなかなか責任感が養われないのか、


順番は定かではありませんがとにかく結果として仕事ができない人状態になってしまっているのは確かです。


自分にはもともと責任感があるという自信がある人は、積極的に良い仕事を取りに行くという主体性のある行動を起こしてみましょう。


それでも何も変わらない場合は環境自体に問題がある可能性もあります。あまり自分を責めないようにしましょう。


環境に問題があり、本当に辛い時は関連記事【限界】仕事を辞めたいと思う原因と乗り切る方法【辛い、しんどい】も参考にしてください。


仕事を辞めたいと思う原因と乗り切る方法【辛い、しんどい】

仕事ができない先輩の特徴2:言い訳を言う


仕事ができない先輩は、言い訳するという特徴があります。


仕事の仕組みもだいぶ覚えてきたことで、いちょ前にそれなりの言い訳を考えて論破してくることができる位の知識をつけて来ています。


しかし、それは完全に間違った方向に行ってしまっている人です。


言い訳して何かを免れようとするという事は自分の成長を諦めていることになってしまいます。


仕事ができる人はそのようなことはしません。


常にストイックに向上心を持って日々成長し続けていきます。その積み重ねで大きな差が出てきてしまいます。


よって、先輩で言い訳をしている人というのは伸び悩み仕事のできない人となってしまいます。


仕事ができない先輩の特徴3:サボる


仕事ができない先輩は、サボるという癖があります。


だいぶ仕事に慣れてきて仕事に対して力の強弱をつけられるようになってきます。


そこで仕事のできない人というのは、力の抜けるところは極力ちからを抜いてサボろうと言う考えを持ち始めるのです。


これは今の仕事に本気で打ち込んでいない証拠です。何事も本気で落ち込まない限りは成果は全く出ません。


後輩ができて1番仕事が面白くなってくる頃に、サボっているような社員は仕事ができない社員として判断されてしまいます。


仕事ができない先輩の特徴上司と会っていない

長い職場生活と管理職などをやり色々な人を見てきて分かった事は、上司と合わないで大変苦労している人というのは圧倒的に多いと言うことです。


これは先輩に限らず部長も課長も部下も全てに言えることです。基本的に上司はほとんど合わないものだと思って働いた方がしっくりくるし楽になるでしょう。


例えば、私もやる気と努力は充分だったのですか、めちゃくちゃに合わない上司がいてコテンパンにやられ、つぶされた経験があります。


何とかがんばって合わせようとしましたが結局最後までだめでした。


基本的に最初のほうに合わなかった上司はその後もずっと合わないと思った方が良いでしょう。


がんばって合わせようとすると体力や精神力をしたり場合によっては健康をうしなってしまうことさえあります。


無理だなと思ったら躊躇せずにすぐに脱出しましょう。そのためにも前半でもいいましたが日ごろから転職の情報収集を欠かさないでください。


無料登録して情報収集すべき転職サイト3社

リクルートエージェント

転職業界で支援実績が最多。まずはここだけでも登録して情報収集おきましょう。(登録無料)

doda

大手、優良企業を中心に常時豊富な求人情報を掲載。リクルートエージェントと両方登録している人が多い。(登録無料)

ビズリーチ
管理職・グローバル人材向け国内最大級の会員制転職サイト。求人の質がかなり高い。(登録無料)

※転職相談、面談は電話やオンラインで可能です。


転職スキルについてもう少し詳しく知りたい方や専門職をされているな方は転職が当たり前だった私のおすすめ転職サイトと転職エージェントを参考にしてください。


また、どうしても上司と相性が悪く苦しんでいる方は【会社】上司と合わない理由と対策【退職、転職もあり】も読んでみてください。


仕事ができない先輩の特徴4:努力が足りない


仕事ができない先輩というのは、努力が足りていない人です。


職場にも慣れてきて基礎的な知識はついているので、やろうと思えばかなり努力できる時期でもあります。


そのなのに、伸び悩みあまり能力が開花しないようならば、それは単純に努力不足と考えられます。


本気で仕事に没頭し打ち込むのならば、勤務時間だけでなく家に帰ってからも少し仕事の勉強をしたりなどそういったことを自然とするものです。


しかもそれは本人的には自分は努力しているんだという認識はなく自然とやってしまうような感じになっていたりします。


仕事ができない先輩の特徴5:公私混同している


仕事ができない先輩というのは、公私混同している可能性があります。


後輩もできて仕事に慣れてきた余裕を公私混同する事に傾けているのです。


例えば、職場で他の異性に声をかけて口説いたり間違った方向に自分のエネルギーを投入している人がいます。


そういう人というのは仕事そっちのけでそちらのほうに夢中になる傾向があるので全く仕事の能力が向上せずできない人ということになってしまいます。


また余談ですが、職場で公私混同するのはとてもリスクが高いので絶対にやめましょう。


職場で起こるトラブルのほとんどは人間関係です。


その人間関係の闇の中に自ら足を踏み入れていくようなものです。


特に異性との恋愛関係という話になってくるとますますややこしくなるので、結婚するくらい本気の時以外は職場では絶対にそういう事は控えましょう。


もしもどうしても恋人が欲しいと考えている人などは、職場以外のところで出会いを求めたほうが安全と言えるでしょう。


関連記事、社内恋愛はリスクが高すぎる理由8つ【要注意】も参考にしてください。



仕事ができない場合どうするか?


以下の関連記事も含めて仕事ができないという概念についてかなりまとめてきました。



この章では現時点で自分が仕事ができない人の場合どうすれば良いかを解説します。シンプルに2通りにまとめました。


仕事を始めたばかりの時


仕事ができなくても仕事を始めたばかりの時ならば、もう少し頑張ってみたほうがいいかもしれません。


これから頑張れば、まだまだ仕事ができるようになる可能性は大いにありますし、


最初はつまらなくてもだんだん楽しくなってくる可能性も全然あります。


ですからしばらく働いた人よりはまだ可能性がかなり高いと言えるのでがんばってみるという選択肢が推奨されます。


しかし、頑張ってみるといってもいつまでもダラダラやるのはあまりお勧めできません。


期間を決めて集中してやるべきでしょう。


例えば、3ヶ月とか半年とか1年とか最初に頑張る時間を決めてその期間は徹底的に努力すると言う気持ちで臨むのです。


それで全く改善する傾向がないならばその後また他の方法を考えましょう。


しばらく仕事をやっている場合


しばらく仕事をやっていて、できない人と言う評価を得ている人は、以下の2通りのパターンが考えられます。


  • 上司と会っていない
  • 嫌いな仕事を我慢してやっている


1つずつ簡単に解説します。


上司と会っていない


これは中盤でも説明しましたが、上司と合わないという事は本当によくあることなので再確認します。私も相当に苦労しました。


本人のやる気や能力は申し分なくても、上司と合わないことによって、強制的に仕事ができない人とされてしまっている可能性があります。


そんな場合の対応策としては以下の3点を考えましょう。

  • 上司の変更を依頼する 
  • 合わせるようにがんばってみる
  • 思い切って転職などをして環境変える


上司の変更依頼したり、もっと合わせるようにして頑張ってみても駄目だった場合は、環境変えることも選択肢に入れましょう。


あまり無理してもあなた自身を消耗させるだけです。合わない時は合わないと言うのは世の常でもあります。


しかし、転職しても絶対に今より良くなると言う保証がないのでそこはよく考えて行動しましょう。


しかしながら、とりあえず転職サイトを見て情報収集しておくことは今の時代必須になります。


嫌いな仕事を我慢してやっている


しばらく頑張っていて仕事ができないというあなたは、嫌な仕事を無理矢理やっている可能性があります。


つまり好きな仕事をしてないということです。


上記に仕事ができない先輩の特徴を何点か挙げましたが、この理由のほとんどが好きな仕事をしていないという事から始まっている可能性があります。


もしそうならば、今後何をやってもうまくいかない可能性があります。早々に自分の好きな仕事を見つけることを推奨します。


✔︎無料登録して情報収集すべき転職サイト3社

リクルートエージェント

転職業界で支援実績が最多。まずはここだけでも登録して情報収集おきましょう。(登録無料)

doda

大手、優良企業を中心に常時豊富な求人情報を掲載。リクルートエージェントと両方登録している人が多い。(登録無料)

ビズリーチ
管理職・グローバル人材向け国内最大級の会員制転職サイト。求人の質がかなり高い。(登録無料)

※転職相談、面談は電話やオンラインで可能です。


転職スキルについてもう少し詳しく知りたい方や専門職をされている方は転職が当たり前だった私のおすすめ転職サイトと転職エージェントを参考にしてください。


今回はここまでにします。


無料登録して情報収集すべき転職サイト3社

転職が当たり前だった私のおすすめ転職サイトと転職エージェント 【無料あり】プログラミングスクールおすすめ3選【30代以上OK】 仕事ができないことについて深掘りしてみた 上司と合わない理由と対策【退職、転職もあり】 仕事を辞めたいと思う原因と乗り切る方法【辛い、しんどい】 仕事ができないことについて深掘りしてみた 仕事ができない部下の特徴【一般論と実体験を合わせ徹底分析】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA