職場に馴染めないときどうする?

この記事は以下のような方のために書きます。

職場などで馴染めない人の特徴を知りたい方。

職場などで馴染めない人の対策を知りたい方。

この記事を読むメリット

  • 職場などで馴染める秘訣を学べる。
  • 職場で馴染めないで悩んでいる人は気持ちが楽になると思います。

この記事を書いている私は、長年の職場人生の中で管理職を長く担当することにより色々なことを経験してきました。

もちろん、職場に馴染めなくて苦労した経験も何度もあります。しかし、それを克服してそこそこの実績を出すことができました。

実績としては会社員の給料と副業収入で何年間も継続して最低でも年収1000万以上稼ぎ続けました。今は不労所得もあります。

それでは記事をスタートしていきます。

※当ブログ、『ライフ戦略論』の基本方針としてスキルアップしながら転職し自分の市場価値を上げていったり、会社に依存せずに稼げるプログラミングスキルなどを向上させることを推奨しています。


関連記事としては転職関連の記事プログラミング関連の記事を参考にしてください。

職場に馴染めないときどうする?

結論から言うと、職場に馴染めなくてもあまり悩んだり凹んだりするのはやめましょう。この記事で細かく解説していきます。

職場に馴染めない人の特徴

職場に馴染めない人の特徴1:人見知り

職場になじめない人は人見知りという特徴があります。

人と話すのが苦手で恥ずかしがり屋だったり、傷ついてしまいしやすいデリケートなハートの持ち主だったりするのです。

そのような人はどんな職場に行ってもなかなか馴染んでいけないということになりがちです。

しかし、気にせずに長年働いていればだんだん慣れてくるのであまり気にするのはやめましょう。

職場に馴染めない人の特徴2:コミュニケーションが苦手

職場に馴染めない人というのはとにかくコミニケーションが苦手です。

人に自分の意思をうまく伝えることが難しかったり、人から話しかけられると落ち着かなかったりしてうまく会話をすることができない人が多いのです。

職場に馴染めない人の特徴3:プライドが高い

職場になじめない人というのはプライドが高かったりすることが多いです。

プライドが高いとなかなか自分の殻を破れずに一人ぼっちになりがちです。

そうなると当然誰とも仲良くなることができず仕事場で浮いてしまい、結果的に全然馴染めないということになってしまいます。

職場に馴染めない人の特徴4:仕事があってない

仕事に馴染めない人はシンプルにその仕事にが合っていないということが考えられます。

仕事には相性があり向き不向きというものも大いにあります。

合ってない仕事をやっているとどんな能力が高い人でも当然馴染めないということになってしまいます。

職場に馴染めないときの対策

職場に馴染めないときの対策1:自分をさらけ出しまくる

職場に馴染めないで悩んでいるならば、いっそのこと思いっきり自分をさらけ出してしまいましょう。

恥ずかしがっていてはいけません。

自分を思いっきりさらけ出してしまえばもう何も恐れる事はありませんし、素の自然な自分でいることができます。

そうすると周りもだんだんとそれに慣れてきて周りから合わせてくれるようになってきます。

そうなればだんだん仲間も増えるでしょうし友達もできることでしょう。

いつの間にか職場に馴染んでいるということになるでしょう。

職場に馴染めないときの対策2:飲み会に参加する

なかなか職場に馴染めない人は飲み会などの会合に参加しないという人が多かったりします。

仕事の時は皆仕事のことに集中していますので、なかなかプライベートの話や心を開いて話をすることができません。

その状態ではいつまでたっても職場に馴染むことなんてできないでしょう。

しかし飲み会などのお酒の場であれば、みんな心もリラックスするし自分を出して話すこともあるでしょう。

そういう場に参加することによってだんだん周りとの壁が崩れ徐々に職場に馴染んでくることができるでしょう。

職場に馴染めないときの対策3:無理しないでやめる

あまりにも職場に馴染めないならばあれこれと悩むのではなくいっそのこときっぱりやめてしまうというのも1つの手です。

ただし、いきなりやめてしまうと収入が無くなってしまいますので、その前にきちんと転職サイトで職場を探して次のめどをつけておきましょう。

職場が変わった瞬間に自分にベストマッチして急に馴染めるようになったり、成果が出始めるという事は実は結構多いものです。

あまり落ち込まず希望せずに積極的に行動を起こしていきましょう。

職場に馴染めないときの対策4:プライドや自意識をすてる

職場になじめない人の特徴の所でも出てきましたが馴染めない人というのは、いかんせんつまらないプライドを持っていたりします。

また自尊心もかなり強いものです。

そのような状態だとなかなか人の中に入っていったり人と人の間の壁を打ち破ることができません。

そんな状態ではいつまでたっても職場に馴染むことができないので何とか自分のプライドを打ち崩せるように日ごろから少しずつ努力してみましょう。

職場に馴染めないときの対策5:圧倒的にスキルをつける

人間関係が苦手だったりして職場になじめないようならば、もういっそのことそこを治すのではなく仕事において圧倒的な実力やスキルをつける事を心がけてみましょう。

どんなにコミニケーション能力がなかったりしても、仕事において圧倒的な実力があれば確実に周りに人が集まってきますしあなたのことを尊敬してくれるでしょう。

そうすれば当たり前ですが確実に職場に馴染めるし仕事も楽しくなってくるでしょう。

職場に馴染めないときの対策6: 1人で生きる

どうしても職場に馴染めないのならば無理して馴染もうとせずになるべく1人で活動して仕事をするという方向性にしてみましょう。

実は1人の方がややこしい人間関係に巻き込まれたりトラブルが起こったりしませんし、自分の時間をいっぱい持つことができます。

その方が自分の実力が上がったり生産性が高いというメリットもあります。

変にがんばって馴染もうとせず孤高の道を進むのも1つの戦略です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA