職場に敵しかいない!どうする?【戦略あり】

この記事は以下のような方のために書きます。

職場に敵しかいなくなる理由を知りたい方。

職場に敵しかいなかなってしまった時の対策を知りたい方。

この記事を書いている私は、長年の職場人生の中で管理職を長く担当することにより色々な人を見てきました。

その中で複雑な人間関係に巻き込まれて、かなり苦しんだ経験もあります。もちろん、職場に敵しかいないという悲惨な状況も経験済みです。

しかし、独自の考え方でなんとか乗り越えて仕事においてかなりの実績を出すことができました。

実績としては会社員の給料と副業収入で何年間も継続して最低でも年収1000万以上稼ぎ続けました。今は不労所得もあります。

それでは記事をスタートしていきます。

5分くらいで読めますので、職場に敵しかいないとは一体どいうことなのか?またその対策について学んでおきましょう!

※当ブログ、『ライフ戦略論』の基本方針としてスキルアップしながら転職し自分の市場価値を上げていったり、会社に依存せずに稼げるプログラミングスキルなどを向上させることを推奨しています。


関連記事としては転職関連の記事プログラミング関連の記事を参考にしてください。

職場に敵しかいない!どうする?

結論から言うと、職場に敵しかいないとけっこう大変ですが、それなりの考え方や対策もあります。落胆せずに前向きにやっていきましょう。

職場に敵しかいない人の特徴

まずは職場に敵しかいない人の特徴を整理してみましょう。

信念を持っている

職場に敵しかいない人となると一見悪いイメージばかりが頭に想い浮かびますが、そんな事はありません。

意外と職場に敵しかいない人というのは強い信念を持って自分の意志を強く持っている人が多かったりします。

自分の信念を強く持ってそれを曲げないで一生懸命生きてるからこそ敵もできるし人と衝突するのです。

そのような人はすごく辛い時期を経験することがあるかもしれませんが、いずれ大きく花がさいて才能が開花する可能性もあるのです。

自己中

職場に敵しかいない人のよくある特徴の1つとして自己中ということも挙げられます。

これは簡単に想像がつくと思いますがシンプルに自己中だと人に嫌われて、そのうち周りの人たちが全員敵になってしまいます。

先ほども言いましたが、自己中というのはある意味自分を持っているという面では良いのですが、悪いほうに行ってしまうとただのわがままな人ということになってしまいます。

そのようなわがままな人として周囲にレッテルを貼られてしまうと職場で敵だらけという事態になってしまいます。

人付き合いが下手

職場で敵しかいない人はシンプルに人付き合いが苦手なだけということもよくあります。

その人自体は特に何も悪いことはしていないし頑張って仕事をしているのに人との付き合いが苦手ということで周りに馴染めず強調できず浮いてしまいます。

その結果、いずれ敵ばっかりになってしまうという負のスパイラルに陥っている人です。

人付き合いは向き不向きがありますのでなかなか努力で改善すると言うのは難しい時があります。

あまり深刻にならずに気楽に構えましょう。それこそが人付き合いをうまくこなすコツですよ。

要領が悪い

要領が悪い人も職場で敵しかいない状態になってしまうことがあります。

容量とは自分の能力以上に成果を出し実績を出すことを意味します。

どんなに頑張っていても過小評価されてしまっていては周囲からの評価は得られません。

それが極度の状態になると嫌われてしまい敵しかいない状態になってしまいます。

容量は長年仕事をしていればだんだん良くなってきて磨かれていきます。

なので働き始めたばかりの人は少しきついかもしれませんが少しずつ要領よく生きられるようになっていきますのでそこまで心配しなくていいでしょう。

職場に敵しかいないときの対策

次に職場に敵しかいなくなってしまった時の対策を学んでおきましょう。

職場に敵しかいないときの対策1:ガチで戦う

職場で敵しかいないときの戦略としてあまり強くお勧めしませんが、もうこの際だから一回本気のガチンコで戦ってみるというのも選択肢の1つです。

複数の人間との戦闘経験は実はその人の精神力や胆力を一気に跳ね上げることにつながります。

その時は辛いかもしれませんが、そこで得た戦闘力はその後のあなたの人生に大きく役立つことになるでしょう。

職場で敵しかいないという状態と言うのは実はマレな状態で考え方によっては貴重な体験ともいえます。

せっかくそのような状況になったならば一回くらい思いっきり戦ってみるというのも長い人生の中でそんなに悪い経験にはならないのです。

人生の話のネタにもなります。

しかし、あまり疲れてしまうようならばお勧めはしません。

あくまで選択肢の1つとしてとらえておいてください。

職場に敵しかいないときの対策2:休みだけはリラックスする

職場で敵しかいない状態はかなり精神が削られる状態です。極限の状態になる人もいるでしょう。

そんな時を乗り越える方法として絶対に休みだけは仕事のことを忘れてください。

真面目な人に限って休日まで仕事のことをずっと考えてしまい精神的に自分を追い詰めている人がよくいます。

そんなことではこの厳しい時代の仕事を乗り切ることができません。

休みは自分の好きなことをしたり、おいしいものを食べたりして完全に自分のプライベートの時間を楽しんでください。

週7日のうち2日でもそのようなリラックスした時間があれば体力や精神力が回復し職場で敵しかいない状態でもきっと乗り越えることができるでしょう。

休みをうまく活用してピンチの状態を脱却してください。

職場に敵しかいないときの対策3:ボスに媚びる

職場内のボスやお局様に媚びるというのも敵しかいない状態を脱却する対策の1つの戦略となります。

職場は基本的に必ずリーダー的な存在である人が存在します。

そのような人と仲良くなったり媚びへつらうたりして自分の状況を良い状況に保つというのは職場の戦術の基本となります。

格好悪いとかダサイとかつまらないプライドを持っていないでそういったこともたまにはしていかなければなりません。

最初にガチンコで戦ってみる戦術をお教えしましたが、やるならばまずこちらの方が良いでしょう。

どうしてもだめな時に戦ってみる戦略を考えてもいいでしょう。

職場に敵しかいないときの対策4:諦めて転職する

職場で完全に敵しかいない状態ならばいっそのことすっきり職場を辞めて転職してしまうのも1つの選択肢です。

敵しかいないのに、ああだこうだひっくり返そうとしてないで完全にゼロにしてしまうのです。

実はこれはかなり合理的な戦略であり、一瞬で解決する戦略です。

今はどこの業界もかなり人材が不足しており求人数が多い有力な転職サイトなどで仕事を探せばかなり仕事が見つかりやすい時代と考えることができます。

やる気と熱意があれば良い仕事を見つけることも可能なのです。

日ごろから転職サイトを眺めるなどして転職力を磨き敵しかいない職場を脱出しましょう。

今より圧倒的条件がいい仕事につけることも実は結構あるんですよ。

職場に敵しかいないときの対策5:誰かの影に隠れる

ちょっとセコい戦略ですが誰かの影に隠れて攻撃を浴びないようにするという戦略もあります。

敵が多い状態は実はあなただけではありません。

周りを見てみるとけっこう意外に敵を作っている人がいたりするものです。

そういった人の影に隠れて集中放火を浴びないようにするという事はやろうと思えば可能です。

例えば、敵が多い人と仲良くなって2人で徒党組んだりなどするだけでも結構気が楽になるでしょう。

相手もそういう人を探していることがあるので結構意気投合することがあります。

職場に敵しかいないときの対策6:トップに助けを求める

職場で敵しかいない状態であまりにもひどい状態ならば、トップにそのことを打ち明けて助けてもらうのも基本戦略です。

トップは下の人の面倒を見る責任があります。

あなたの訴えを無視することはできません。

あなたが社内での問題を打ち明けているのに、それを無視してしまったらそのトップにも問題が出るしそれはトップの責任放棄です。

辛い時は遠慮なく相談してくださいり

それでもだめなようならばその職場に長くいる価値はないでしょう。

本記事と合わせて読みたい記事のまとめ

転職が当たり前だった私のおすすめ転職サイトと転職エージェント 【無料あり】プログラミングスクールおすすめ3選【30代以上OK】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA