リストラされる人とされない人の違いとは?【経験者が徹底解説】


この記事は以下のような方のために書きます。

リストラされる人とされない人の違いを知りたい方。

リストラされないで今の職場で長く働きたい方。

リストラが怖いから、何か対策を知りたい方。


✔︎この記事を読むメリット

  • リストラされる人とされない人の違いが良くわかます。
  • リストラされないで会社に長く働く方法がわかります。
  • リストラに対する対抗策がわかります。


この記事を書いている私は、長い職場人生の中で何度も転職を繰り返して色々な人を見てきました。


その中でリストラされる人も見てきました。私自身もリストラなのか何なのかわかりませんが、いきなり会社から放り出された事もあります。


しかし、スキルアップしながら転職をしてきたのですぐに転職できて特に経済的なダメージはありませんでした。


実績としては会社員の給料と副業収入で何年間も継続して最低でも年収1000万以上稼ぎ続けました。今は不労所得もあります。


最初から自慢のようになってすみません。記事の信頼性を出すために自己開示させていただきました。


ではスタートします。5分ほどで簡単に読めますので、この厳しい社会に対抗するために実践的な知識をつけておきましょう。


リストラされる人とされない人の違いとは?


結論から言うと、リストラされる人とされない人にはいくつかの明確な違いがあります。一つずつ見ていきましょう。


リストラされる人とされない人1:レアなスキルがあるかないか 


リストラされる人とされない人の違いとしてレアなスキルがあるかどうかということが挙げられます。


つまり、普通の人ではできないようなことができる人というのはリストラされづらくなります。


誰でもできることしかできない人は代わりがいくらでもいます。


あなたに頼まなくても、もっと安くクオリティー高くやってくれる人はごまんといるでしょう。


そういう人が現れてしまったら会社にとってのあなたの存在価値はなくなってしまいます。


よってそういう人は真っ先にリストラの対象になってしまうのです。


リストラされたくないならば他の人ができないレアなスキルをつけていきましょう。


逆にそれさえつけることができればかなり有望といえます。


そんなスキルとしてこのブログでも何度もお勧めしているのがプログラミングスキルです。


エンジニアが圧倒的に不足している背景もありプログラミングができればあなたのレア度は圧倒的に向上するでしょう。


今はほとんどITのスキルを使わないビジネスは無いのでリストラの対象となる事は無いのです。どこかで必ず役に立つはずです。


万が一リストラをされてしまったとしてもプログラミングができればエンジニアとして働くこともできますし。


そうなれば


  • 本業でも副業でも大きく稼げる
  • 人間関係に関わらないでフリーランスで働ける
  • リストラに怯える必要がない


今の時代が不安という人はとりあえずプログラミングのスキルをつけておけば間違いありません。


少しでも興味がある人は以下の転職を保証してくれる国内最大手のプログラミングスクールの無料カウンセリングだけでも受けてみましょう。


今なら転職できなかったら全額返金のシステムもあります。


✔︎未経験からエンジニア転職するなら以下のテックエキスパートがおすすめです。

テックキャンプ エンジニア転職(テックエキスパート) :オンライン無料カウンセリングあり。転職できなければ全額返金。(オンライン完結)

テックキャンプ プログラミング教養: 無料プログラミング体験会あり。(オンライン学習相談あり)

テックアカデミー: オンライン無料体験あり。(オンライン完結)



※無料カウンセリングや体験はいつまで続くかわかりませんのでお早めにどうぞ。

※オンライン無料カウンセリングや体験での費用は一切かかりません。


プログラミングについて詳しく知りたい方は【無料あり】プログラミングスクールおすすめ3選【30代以上OK】も参考にしてください。


リストラされる人とされない人2:終身雇用の破綻に気付いているかいないか


リストラされる人とされない人の違いについて、終身雇用の破綻に気づいているかいないかという点が挙げられます。


ご存知のように多くの会社が終身雇用の破綻を宣言し始めています。


しかし何故かいまだに


  • うちの会社は大丈夫だろう
  • なんだかんだ終身雇用は続くだろう


などと考えている人は意外と多いものです。


リストラされない人というは終身雇用がもうないという現実を素直に受け止められた人なのです。


その覚悟で働いている人というのは自分のスキルを高めたり知識を高めたり市場価値を上げる努力をし始めます。


そしてそのために転職を繰り返すことも積極的に行います。


その結果、圧倒的に実力が高まりリストラどころか逆に会社か長くいてくれと頼まれるような存在になるのです。


会社に長く居座ろうとしない考えが、逆に功を奏すのです。


そのようないろいろな会社から引っ張りだこの社員になりたいならば、まずその第一歩としてまずは転職に詳しくなってください。


常に転職の情報収集をして自分のスキルは高まりそうな仕事や興味がありそうな仕事を探してください。


そうすればスキルや所得を上げながら転職していくことが可能です。


以下の国内最大手の転職サイトをご利用ください。登録(1分でおわります)も情報収集も無料でできますので今すぐ一方踏み出しましょう。


リストラなど恐るに足らずです。


無料登録して情報収集すべき転職サイト3社

リクルートエージェント

転職業界で支援実績が最多。まずはここだけでも登録して情報収集おきましょう。(登録無料)

doda

大手、優良企業を中心に常時豊富な求人情報を掲載。リクルートエージェントと両方登録している人が多い。(登録無料)

ビズリーチ
管理職・グローバル人材向け国内最大級の会員制転職サイト。求人の質がかなり高い。(登録無料)

※転職相談、面談は電話やオンラインで可能です。


転職スキルについてもう少し詳しく知りたい方や専門職をされているな方は転職が当たり前だった私のおすすめ転職サイトと転職エージェントを参考にしてください。


リストラされる人とされない人3:経済的な余裕があるかないか


リストラされる人とされない人の違いとしてその人に経済的な余裕があるかないかと言うところが挙げられます。


つまり、会社がもうリストラする人を選ぶときにこの人はリストラして大丈夫かどうかというところを実はよく見ていたりします。


そんなところ見てるの?って思うかもしらませんが人事というのは実はけっこうそういう所を観察しているんです。


例えば、


  • 独身であるとか
  • そこそこお金を持っているとか


そういったことでリストラの対象を判断したりすることがあります。


家族がいて子供がいっぱいいたり、今すぐ仕事を失ったら生活面で食いつないでいけないような人はリストラ対象になりづらいです。


このようにその人自体の経済状態を見て余裕があるかないかと言う所もリストラのされる人とされない人の分岐点となります。


もし、経済的な状態がよろしくないようなら人事部になんとなくそれをアピールするのも手かもしれません。


リストラされる人とされない人4:給料が高いか低いか


リストラされる人とされない人の違いについて給料が高いか低いかということが挙げられます。


やはりどうしても給料が高い人とは会社を経営していく上でかなり負担になります。


毎月固定のコストが会社から奪われてしまうということなので、給料の高い人は会社の状況が悪い時などはやはりどうしても風当たりが強くなります。


なので会社のコストを身軽にするためにも給料の高い人からリストらをしていって減っていくお金を減らしていこうという戦略はよく取られるのです。


このような理由により給料が高いか低いかもリストラされるされないにかなり影響すると言って良いでしょう。


リストラされる人とされない人5:利用価値があるかないか


リストラされる人とされない人の違いは会社にとって利用価値があるかないかということが挙げられます。


冷たい言い方をしてしまうと会社にとって利用価値のない人は今すぐにでも退場してほしいと会社側思っています。


会社にとって利用価値とは


  • 売り上げが上げられるとか
  • 嫌な仕事を引き受けてくれるとか
  • 文句を言わないで残業してくれるとか


そういった会社にとって都合の良い内容です。


このような感じで会社に都合の良い行動を大人しく淡々とやり続けてくれるような人は利用価値があると判断されリストラされづらくなるのです。


まぁここまでして会社に居続ける意味もないと思いますがね。


終身雇用も崩壊してますし基本的に会社は社員の面倒全く見てくれません。


それどころか最後はかなり冷たいものですよ。私が経験者です。


リストラされる人とされない人6:身だしなみがきちんとしてるかしてないか


リストラされる人とされない人の違いについて身だしなみがきちんとしてるかどうかということが挙げられます。


きちんとした格好をしていなかったりだらしない感じでいると社内での評価も下がりそれだけで仕事ができない人と判断されリストラの対象となります。


これはけっこうみんな関係ないと思っておろそかにしがちですが事実です。


また特に男性の場合は女性社員から評価も格段に下がりリストラされるされない以前の問題で会社にいずらくなってしまうこともあるでしょう。


関連記事:女性社員に嫌われる男性社員とは?【努力と自己投資で人生変わる】


色々な意味で会社で生き残るならば身だしなみはきちんとしておかないと絶対的に不利なので気をつけましょう。


また身だしなみの一環として臭いにも気をつけてください。


臭い人というのは絶対的に嫌われてしまいリストラの対象となってしまうこともあります。


そんなことで?と思うかもしれませんが意外とそういう小さなことからリストラされる社員というのは決定されてきてしまうのです。


特にワキガの人は絶対に治して下さいワキガの人はほぼ100%嫌われます。これは私の長い職場人生の中で出た鉄板の法則です。


今のワキガ治療は安全で簡単です。切ったり縫ったりの外科手術をしないでできます。


少しでもワキガの疑いのある人はまずは以下のワキガ治療の症例数の多いゴリラクリニックの無料カウンセリングを受けにいきましょう。


ワキガの人はそれを直すだけで人生が急変することもあります。


>> ゴリラクリニックの無料カウンセリング相談をする


※無料カウンセリングはいつまで続くかはわかりませんのでお早めにどうぞ。


リストラされる人とされない人7:トップの事を軽くみてるかみていないか


トップのことを軽く見ている社員や、少し舐めているような社員はリストラの対象になってしまいます。


そういった気持ちというのは長く働いていると、なんとなく伝わるからです。


ふとした時に発言や行動に出てしまったりするものです。


リストラされない人というのは最後まで絶対的にトップの味方でありトップの考えに賛同しようとします。


多少疑問を持ったり嫌ったりする事はあるかもしれませんが、基本的にはトップに逆らわないで従順に働こうとするのです。


そうすることによってトップから強い信頼を獲得して誰をリストラしようかという話になった時にその対象から除外されるのです。


他人の会社で働いている以上は基本的にはやはりトップの考えのもとに動いていかねばなりません。


今働いてる会社が気に入ってる会社ならば絶対にトップを軽くみたり舐めたりしないようにしましょう。


そういう感情が浮かんできても、すぐに消し去るようにしてください。


長期で長く生き残ることができるはずです。


リストラされる人とされない人8:自惚れているかいないか


リストラされる人とされない人の違いとしてうぬぼれているかいないかという点が挙げられます。


リストラされる人はうぬぼれていたり、完全に調子に乗っていたりします。


そういった意味で意外と実力のある人がリストラされてしまうことがよくあります。


実力のある人はどうしてもうぬぼれたり調子に乗ってしまったりしがちです。


自分の能力を鼻にかけて周囲を馬鹿にしたり自画自賛するような人はリストラという天罰がくだることがあります。


さらに、変に頭が切れるので会社にとっても厄介な存在になり切られることもあります。


またそういう人は油断してとんでもないミスをしたりしがちです。


そういうときに周りからの日頃の恨みがたまって総攻撃を受けたりするのです。


これについては【原因】なぜ調子にのると失敗するのか?【職場での対策法もあり】も参考にしてください。


一方、リストラされない人というのは常に一定の感情で働いてる感じです。


調子に乗ることも変に落ち込むこともなく感情に波がない安定感のある人です。


さらにあまり悪巧みをしたりもしなく大人しい人が多いです。


特にこれといって仕事ができなかったとしても、そういう人はリストラされないで長く会社に居座れることが多いのです。


リストラされる人とされない人9:人を育てることができるかできないか


リストラされる人とされない人の違いとして人を育てるか育てられないかというところがあります。


これは管理職や上の立場にいる人の話ですが、人を育てる事は管理職や上の立場にいる人の重要な仕事の1つです。


それができなければ会社の繁栄が難しくなってしまいます。


さらにそういう人たちは給料も高いので、その割に働きが甘いと判断され早期にリストラの対象になります。


人を育てる自信がない人は管理職のポジションにならない方が安全だといえます。


変に管理職を引き受けるのはかなりリスキーだと判断しましょう考えましょう。


逆に人を育てるのが上手い人は多少自分自身の能力が少なくなったしてもそれだけでかなり高評価を得ることができます。


その結果リストラされない人として君臨し続けるでしょう。


自分の向き不向きを判断してそのような上のポジションにつくようにするべきです。


関連記事:管理職に向いてる人を徹底分析してみた【もと管理職が詳しく解説】

関連記事:管理職に向いてない人の特徴【今の時代、早めに撤退もありです】


リストラされる人の年齢とは?


リストラされる人の年齢について少し解説しておきます。


今ニュースなどでも取り上げられますが今起こってるリストラは大体40代50代が多いです。


しかし、リストラの流行はまだ始まったばかりですこれからどんどん過激になることでしょう。


今後は40代50代に限らず誰もがリストラの対象になると考えてください。


若い人も、もっと年齢がいった人もみんな誰もが安全という保証なんて全くありません。


みんないつ会社を放り出されてもおかしくないと考えて仕事をした方が良いでしょう。


なので結論としてはリストラされやすい年齢としては全年代が当てはまるということです。


今の時代はあまり年齢というのは関係がありません。


そんなことよりも、どんなスキルや経験があるかの方が評価される時代なのです。


その意味で学歴もあまり関係ないと考えてください。


学歴が高いからといって調子に乗ってる人は片っ端からリストラの対象になってしまうでしょう。


今後は自分の経験値やスキルを高めるために何回でも転職をしていく戦略が1番お勧めです。


転職が当たり前の時代になります。


転職をしていろいろなスキルをつけていけば自分の市場価値も上がるしリストラに怯えて働くこともありません。


どんどん所得を上げていくことも可能です。


実際に私はこの方法をとって所得を上げていきました。


そのためにまずは日ごろから転職の情報収集をして転職の知識を高めたり、お宝求人を見逃さないようにしてください。


まずは以下の国内最大手の転職サイトに登録して情報収集だけでもしておきましょう。


登録(1分で終わります)も情報収集も無料でできます。


無料登録して情報収集すべき転職サイト3社

リクルートエージェント

転職業界で支援実績が最多。まずはここだけでも登録して情報収集おきましょう。(登録無料)

doda

大手、優良企業を中心に常時豊富な求人情報を掲載。リクルートエージェントと両方登録している人が多い。(登録無料)

ビズリーチ
管理職・グローバル人材向け国内最大級の会員制転職サイト。求人の質がかなり高い。(登録無料)

※転職相談、面談は電話やオンラインで可能です。


転職スキルについてもう少し詳しく知りたい方や専門職をされているな方は転職が当たり前だった私のおすすめ転職サイトと転職エージェントを参考にしてください。


またどんな仕事に転職するかについては先程も言いましたが今の時代はエンジニアが圧倒的にお勧めです。


エンジニアになれば


  • 本業でも副業でも大きく稼ぐことができる、
  • 時間や場所に依存しない自由な働き方ができる。
  • アプリなどの自分の商品を作って個人で働ける。


そうなればリストラ何かに怯える必要全くありません。


今エンジニアは圧倒的に不足しています。


今のうちにすぐ行動起こしましょう。


まずはエンジニア転職もサポートしてくれる以下の国内最大手の転職サイトの無料カウンセリングだけでも受けてみましょう。


今ならエンジニア転職できなかったら全額返金のシステムもあります。


エンジニアになればスクール内なんて簡単に回収できますか。


✔︎未経験からエンジニア転職するなら以下のテックエキスパートがおすすめです。

テックキャンプ エンジニア転職(テックエキスパート) :オンライン無料カウンセリングあり。転職できなければ全額返金。(オンライン完結)

テックキャンプ プログラミング教養: 無料プログラミング体験会あり。(オンライン学習相談あり)

テックアカデミー: オンライン無料体験あり。(オンライン完結)



※無料カウンセリングや体験はいつまで続くかわかりませんのでお早めにどうぞ。

※オンライン無料カウンセリングや体験での費用は一切かかりません。


プログラミングについて詳しく知りたい方は【無料あり】プログラミングスクールおすすめ3選【30代以上OK】も参考にしてください。


✔︎本記事と合わせて読みたい記事のまとめ

【無料あり】プログラミングスクールおすすめ3選【30代以上OK】 転職が当たり前だった私のおすすめ転職サイトと転職エージェント 転職を繰り返した結果、後々良かったと感じた話【成功体験】 女性社員に嫌われる男性社員とは?【努力と自己投資で人生変わる】 管理職に向いてない人の特徴【今の時代、早めに撤退もありです】 管理職に向いてる人を徹底分析してみた【もと管理職が詳しく解説】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA