リストラされる人の特徴と理由【戦略提案】


リストラが当たり前のようにされる時代になってきました。長い会社員生活の中で、実際のリストラも多く見てきました。


私自身もいきなり放り出された経験もあります。自分なりに戦略を立てて復活し、今では不労所得を獲得できるまで復活しました。


この記事は以下のような方のために書きます。

リストラされる人の特徴、理由を知りたい方。

この頻繁にリストラされる時代に対する戦略を知りたい方。


この記事を読むメリット

なぜリストラされるかについてよく理解できます。また、このリストラの多い世の中に対する戦略もわかり、具体的な行動を起こすことにより経済的成功に一歩も二歩も近づきます。


それでは記事を書いていきます。


リストラされる人の特徴と理由


結論、きちんと戦略的に生きればリストラなんて恐れる必要はありません。またリストラされてしまったとしても復活可能です。


現に私もリストラなのかなんなのかわかりませんが、会社の都合で思いっきり会社を放り出されたことがあります。


もちろん私の実力不足もあったかもしれませんが、それを考慮に入れてもあまりにもひどい内容でした。


一応、知り合いの弁護士に内容を相談したところ専門的に見ても明らかに不当だという見解をいただきました。


しかし、あまり争い事はしたくなかったし、次の仕事の準備もしなくてはならなかったので何もせずに終りました。


今の時代はブラック企業や劣悪な職場環境の会社が圧倒的に増えており、想像以上に残酷な世の中になっています。


パワハラが普通に行われていたり、人間関係も極限に悪化し、めちゃくちゃな状態になっています。


正直、転職を繰り返して色々な職場を見てきた私に言わせるとリストラされる人が悪いわけではないというパターンが多いと思います。


たとえリストラされたり会社でうまくいかなかったりしても必要以上に自分を責めるのはやめましょう。自分を大切にしてあげましょう。


いつリストラされるかわからない時代でも、きちんと準備しておけば大丈夫です。私は以下の2点を徹底して復活して所得をどんどん上げていきました。


  1. 日頃から転職の情報収集を徹底する
  2. 自分のスキルに焦点を置く


まずは、日頃から情報収集をして転職の知識を高めておきましょう。誰でも簡単にできます。


具体的には以下の転職サイトの大手に登録して日々情報収集して限界になったらいつでも脱出できる準備をしてください。


登録も情報収集と無料でできます。後で慌てないように今すぐ一歩踏み出してください。


✔︎無料登録して情報収集すべき転職サイト3社

リクルートエージェント

転職業界で支援実績が最多。まずはここだけでも登録して情報収集おきましょう。(登録無料)

doda

大手、優良企業を中心に常時豊富な求人情報を掲載。リクルートエージェントと両方登録している人が多い。(登録無料)

ビズリーチ
管理職・グローバル人材向け国内最大級の会員制転職サイト。求人の質がかなり高い。(登録無料)

※転職相談、面談は電話やオンラインで可能です。


転職スキルについてもう少し詳しく知りたい方や専門職をされているな方は転職が当たり前だった私のおすすめ転職サイトと転職エージェントを参考にしてください。


次に、仕事を選ぶときにお金より自分のスキルが向上して市場価値が上がるような仕事を選びましょう。その方が結果的に所得も上がります。


このブログでも何度も一貫して主張していますが、エンジニアはかなりおすすめです。


エンジニアになれば本業にして1000万以上稼ぐことも可能ですし、クラウドワークスなどから仕事をもらって副業に使うこともできます。


また時間や場所に依存しない働き方もできるので圧倒的な自由を獲得できます。


今の時代、転職して職場を移動していくのが基本戦略となりますが、いちどはエンジニアを入れましょう。


今なら転職を保証してくれて、できなかったら全額返金というシステムがあるスクールもあります。


数ヶ月頑張って勉強してエンジニアになればスクールの費用なんてすぐに回収できますよ。


少しでも興味がある方は、まずは優良なプログラミングスクール( テックエキスパートテックキャンプ) の無料カウンセリングや無料体験を受けてみましょう。登録は1分ほどでできます。


まずは小さな一歩を踏み出しましょう。無料期間はいつまで続くはわかりませんのでお早めにどうぞ。合わなかったらやめても大丈夫です。


✔︎おすすめプログラミングスクール

テックキャンプ エンジニア転職(テックエキスパート) :オンライン無料カウンセリングあり。転職できなければ全額返金。(オンライン完結)

テックキャンプ プログラミング教養: 無料プログラミング体験会あり。(オンライン学習相談あり)

テックアカデミー: オンライン無料体験あり。(オンライン完結)


※無料カウンセリングや体験はいつまで続くかわかりませんのでお早めにどうぞ。

※オンライン無料カウンセリングや体験での費用は一切かかりません。


プログラミングについて詳しく知りたい方は【無料あり】プログラミングスクールおすすめ3選【30代以上OK】も参考にしてください。


リストラが当たり前の時代への対策ができたら次に行きましょう。


5分ほどでサクッと読めますのでリストラについて詳しくなり過酷な時代に打ち勝ってください。


リストラされる人の特徴


リストラされる人の特徴をまとめました。あくまでブラック企業や劣悪な職場環境でない場合です。


最初に言ったようにあなた自身の問題ではないことも多いのであまり自分を責めすぎないようにしてください。


とはいえ、まともな会社の場合は自信の努力も必要です。スキルアップして努力すれば大きな所得を得る事も可能です。


リストラされる人の特徴1:成長がない


リストラされる人と言うのは、いつまでたっても成長は見られない社員です。


同じ失敗を何度も繰り返したり、向上心のかけらもないような社員は1番最初にリストラの対象となりやすいです。


リストラされたくないのならば、毎日少しずつでも向上することを心がけましょう。


そのためには仕事で必要な知識や技術を進んで勉強すると言う姿勢も見せましょう。


社内や社外の勉強会がある場合は進んで出席してやる気のあるところもアピールしていきましょう。


リストラされる人の特徴2:特殊能力がない


リストラされる人というのは、特殊能力がない人です。つまりあなたしかできないような仕事が全くない人のことです。


そういう人というのはいくらでも代わりがいるのでちょっとしたことですぐにリストラの対象となる可能性があります。


あなたしかできない仕事があればあなたを辞めさせるわけにはいきません。


もしもリストラされたくないのならばあなたしかできない特殊能力を養うべきでしょう。


言い換えると自分の居場所を作るともいえます。自分のポジションをきちんと作っている人は強いです。


たまに会社でお局様っていますよね?


あの人たちが強い存在である理由の1つはのは自分のポジションをきちんと確立しているからであるといえます。


関連記事:【強敵】会社でお局様に多く遭遇した話【経済的成功のための処世術】


お局様の特徴ってどんな感じ?【経済的成功のための処世術】


リストラされる人の特徴3:調子に乗っている


リストラされる人というのは、調子に乗っている人が多いです。


人間は調子に乗り始めた瞬間から大転落人生のスタートが始まります。


調子に乗ると油断をするし、周りが見えなくなるし、周りの人に裏切られたり、陥れられたりします。


そのような過程で会社での立場をしないリストラの対象となってしまうことがあります。


私も長い職場生活の中で、圧倒的に調子に乗ってしまって部下に裏切られ大転落した経験があります。


どんなにうまくいっていても常に謙虚な気持ちを持ち調子にならないという事は大事なことです。


これについては【原因】なぜ調子にのると失敗するのか?【職場での対策法もあり】も参考にしてください。


調子に乗ると失敗するのはなぜか?【職場での対策法もあり】


リストラされる人、その理由とは


こちらも会社がブラックな環境でない事前提です。職場時代の問題の場合も多いので、やはり自分を責めすぎないようにしましょう。

会社がまともで自分にも改善の余地がある場合にお使いください。

リストラされる人、その理由1:社長や上司に評価されてない


リストラされる人というのは、シンプルに社長や上司に評価されていない人です。


当然ですがリストラは上の人が決めることですからその人たちに評価されることができなければリストラの対象の社員となってしまいます。


もしも今働いている会社が気にいっていて、これからも長く働きたいと考えているならば、社長や上司に評価されるような社員を目指すべきでしょう。


社長と上司では、気に入られるための対応策が全然異なってきます。


社長はその会社の持ち主ですから、簡単にいうとその会社のメリットとなるようなことを多くすればいいと言うことになります。比較的シンプルな考え方で解決します。


しかし上司はちがいます。上司は実は会社員という立場である以上あなたと同じ位置づけであると考えられます。ここら辺が対応策をややこしくするのです。


これについては詳しくまとめた記事【会社】上司と合わない理由と対策【退職、転職もあり】とがありますので参考になさってください。


上司と合わない理由と対策【退職、転職もあり】



リストラされる人、その理由とは2:売り上げで貢献できてない


リストラされる人というのは、会社の売り上げに貢献できてないと判断されてしまった人です。


原理原則として売り上げがなければ会社は成立しません。


それに貢献できていないと判断されてしまえば、当然入らない社員であると思われてしまっても仕方がありません。


今の厳しい時代で会社も生存のために必死で毎日戦っています。


残酷ですが、その意味では1番いらない社員とは売り上げに貢献できない社員と言えるのです。


リストラされる人、その理由とは3:人間関係うまくできてない


リストラされる人と言うのは、人間関係をうまくコントロールできない人です。


会社で起こるトラブルのほとんどは人間関係から起こるものと言って良いでしょう。


人間関係を制するものは会社でのサラリーマン人生を制すると言って良いでしょう。


人間関係でトラブルを起こさないように充分に注意しましょう。


あまり派手に人間関係をかき回す人はとても目立つ存在となり、真っ先にリストラの対象となる可能性があります。


目立った行動を避けなるべくおとなしくしていたほうが無難でしょう。


人間関係をうまくコントロールする方法としては、世の中に存在するいろいろな人間の特徴をよく理解することです。


周りの色々な人間の特徴を理解できればそれに対して対策を立てることもできますし、トラブルが起こらないようにうまく立ち回ることも可能となるでしょう。


彼を知り己を知れば百戦殆うからずという言葉があるように、人間関係で成功するには自分をよく知ることと相手をよく知ることであると理解しましょう。


いろいろな人間の特徴をまとめた記事は以下をご参考にしてください。

お局様の特徴ってどんな感じ?【経済的成功のための処世術】 裏切る人間の特徴6つ【人を見極め人生に勝利せよ】 信用できない人を見極めよ【人間関係を攻略し成功を目指せ】 学歴が高い人の特徴6つ【人間関係攻略】


リストラされる人、その理由とは4:変化に対応できてない


リストラされる人と言うのは、時代の変化に対応しきれていない人です。特に昨今は今までの過去の時代と比べても圧倒的に変化の激しい時代といえます。


テクノロジーがどんどん発展していって数年前の常識は非常識になってしまうことのスピードで変化をしていっています。


この変化に対応し、自らも一緒になって変化していける人間でないと今の時代生き残るのは厳しいと言えるでしょう。


世の中は諸行無常の響きありです。ずっと同じ状態が続くなんて事は絶対にあり得ません。


変化する事は当たり前と考え、変化することを歓迎する位でいきましょう。


リストラされる人に該当した人がすべき事


ここまでをお読みになって、リストラされる人に当てはまったという人がすべき事をまとめて行きます。


リストラされる人に該当した人がすべき事1:いつか辞める前提ではたらく


リストラが当たり前になった時代の働き方としては、リストラに限らずいつか会社を辞めることになると言う真実をきちんと受け止めて働きましょうと言うことです。


皆さんご存知の通り終身雇用制度はほぼ破綻したといえます。


という事はリストラされなかったとしても遅かれ早かれいつかは会社を去ることになるのです。そのことを念頭に置いて色々と準備をしておきましょう。


そうすればリストラされたらどうしようと言う不安と闘いながら怯えた生活を送ると言うことがなくなります。


どちらにしてもいつかはやめることになるのですから恐怖も薄らぎますよね。


むしろこちらからこの会社はあと何年働いて次に行くと決めてしまうくらい積極的でもいいのです。


そのようにすればリストラを恐れるところかむしろ期間を決めることで積極的に集中して仕事に励むようになり、知識もスキルも飛躍的に着く可能性があります。


このリストラが当たり前になった世界を逆に利用して這い上がっていきましょう。そのためにはまずは前半にも説明したように、まずは転職の情報収集取集を日々行いましょう。


登録も情報収集も無料でできますので、この残酷な時代に対抗できる力をつけましょう。


✔︎無料登録して情報収集すべき転職サイト3社

リクルートエージェント

転職業界で支援実績が最多。まずはここだけでも登録して情報収集おきましょう。(登録無料)

doda

大手、優良企業を中心に常時豊富な求人情報を掲載。リクルートエージェントと両方登録している人が多い。(登録無料)

ビズリーチ
管理職・グローバル人材向け国内最大級の会員制転職サイト。求人の質がかなり高い。(登録無料)

※転職相談、面談は電話やオンラインで可能です。


転職スキルについてもう少し詳しく知りたい方や専門職をされているな方は転職が当たり前だった私のおすすめ転職サイトと転職エージェントを参考にしてください。


転職が当たり前だった私のおすすめ転職サイトと転職エージェント


リストラされる人に該当した人がすべき事2:働きながらスキルをつける


リストラに限らずいつか会社を辞めるということが理解できたら、次は会社で働きながら他の特殊能力をつけるという対策を始めましょう。


いつやめてもいいように稼げる知識やスキルをつけておくのです。そうすれば精神的にも安定してきますしリストラを恐れることなんてなおさらなくなってきます。


何をしていいかわからないって言う人はプログラミングが圧倒的におすすめです。


プログラミングができればエンジニアになって年収1000万以上稼ぐことも可能です。やろうと思えば会社で働きながら副業として並行して行うことも可能です。


もしも副業で稼ぐことができ始めたら、もはやリストラなど恐れることなんて全くありません。積極的に学習しておきましょう。


プログラミングに少しでも興味がある方は優良なプログラミングスクール( テックエキスパートテックキャンプ) の無料カウンセリングや無料体験を受けてみましょう。登録は1分ほどでできます。まずは小さな一歩を踏み出しましょう。



プログラミングについて詳しく知りたい方は【無料あり】プログラミングスクールおすすめ3選【30代以上OK】も参考にしてください。


【無料あり】プログラミングスクールおすすめ3選【30代以上OK】


リストラされる人に該当した人がすべき事3:自分をブランディングする


リストラが当たり前になった時代の対策としては、会社で働きながら個人をブランディングしておきましょう。


圧倒的に個人をブランディングすることに成功すれば今の時代はかなり安泰といえます。


リストラだろうと終身雇用制度破綻だろうと、どんとこいという感じになります。


サラリーマンをやりながらでも簡単にブランディングできる方法としては、TwitterやInstagramなどのSNSをがんばりましょう。


フォロワーが多い人はそれだけで自分のビジネスとつなげて収益が発生し食べていける人も続出しています。


会社員をやりながらでもTwitterやInstagramなどのSNSをがんばりフォロワーを獲得して自分をブランディングしていくという事は今の時代とても大事になります。


フォロワーを多く獲得し自分のビジネスに繋げて収益を得ることができたら会社を辞めるという人も多く存在しています。


リストラされる人に該当した人がすべき事4:最低限の生活費を貯めておく


急なリストラなどの対応策としては、なるべく給料もらったら使わないようにして現金を貯めておきましょう。


現金が溜まってくるととても精神的に安定してくるし、自身も湧いてきます。リストラに対する不安も次第に薄れていきます。


なるべく固定費を下げることや節約するなどしてお金を貯金するようにしましょう。


これについては詳しく書かれた記事

関連記事:お金持ちになりたいならまず固定費を下げるべき【経済的成功の基本】

お金持ちになるには節約が大事という話

も参考にしてください。


お金持ちになりたいならまず固定費を下げるべき【経済的成功の基本】 お金持ちを目指すなら節約が大事という話【経済的成功のために】


余裕があればたまったお金を投資に回すと言うことも考え始めましょう。


お金持ちになる選択肢の1つとして給料を頑張ってため込んでそれを投資に回すと言う方法があります。


会社員のうちに少額でも投資を始めて勉強しておくのは良いでしょう。


効率の良い投資の勉強方法については投資で損切りできない理由をまとめてみた【お金持ちになるには投資スキルが必要です】の記事の後半に詳しく書きましたので参考にしてください。


投資で損切りできない理由をまとめてみた【経済的成功に投資は必要】



慣れてきたら本格的に投資を始めて大きく増やすことができればそれだけで会社を辞めることも可能になります。


このようにやめることを前提として働けばリストラなんてそんなに怖いものでは無いのです。


リストラされる人に該当した人がすべき事5:日々準備だけはしておく


リストラが当たり前になった時代に精神を安定させる方法の1つとして、日々転職サイトを眺めて情報収集して詳しくなるという手段があります。


どんな会社が社員を募集しているのかや給料はいくらで募集しているのかなどの情報を知っているだけでも随分と精神的に安心が得られます。


急なリストラを受けてしまってもすぐに行動に移せる思えば安心できるものです。


毎日転職サイトを眺めて転職の知識が高まればチャンスに敏感になり今より好条件のところで働ける可能性も大いにあります。


情報収集は以下の最大手3社に登録すれば完璧でしょう。登録も情報収集も無料でできますので今すぐ一歩踏み出しましょう。少なくとも損はありません。


✔︎無料登録して情報収集すべき転職サイト3社

リクルートエージェント

転職業界で支援実績が最多。まずはここだけでも登録して情報収集おきましょう。(登録無料)

doda

大手、優良企業を中心に常時豊富な求人情報を掲載。リクルートエージェントと両方登録している人が多い。(登録無料)

ビズリーチ
管理職・グローバル人材向け国内最大級の会員制転職サイト。求人の質がかなり高い。(登録無料)

※転職相談、面談は電話やオンラインで可能です。



転職スキルについてもう少し詳しく知りたい方や専門職をされているな方は転職が当たり前だった私のおすすめ転職サイトと転職エージェントを参考にしてください。


転職が当たり前だった私のおすすめ転職サイトと転職エージェント


✔︎この記事の関連記事一覧

転職が当たり前だった私のおすすめ転職サイトと転職エージェント 【無料あり】プログラミングスクールおすすめ3選【30代以上OK】 投資で損切りできない理由をまとめてみた【経済的成功に投資は必要】 調子に乗ると失敗するのはなぜか?【職場での対策法もあり】 お金持ちを目指すなら節約が大事という話【経済的成功のために】 上司と合わない理由と対策【退職、転職もあり】 お局様の特徴ってどんな感じ?【経済的成功のための処世術】 お金持ちになりたいならまず固定費を下げるべき【経済的成功の基本】 裏切る人間の特徴6つ【人を見極め人生に勝利せよ】


信用できない人を見極めよ【人間関係を攻略し成功を目指せ】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA