投資で損切りできない理由をまとめてみた【経済的成功に投資は必要】


私は投資で損切りができるようになって圧倒的に勝てるようになりました。


経済的成功を果たすには、投資をする事が絶対条件になります。


投資無くして圧倒的お金持ちになる事はできません。


その投資で勝つにはまず基本的なミスをしない事です。


この記事は以下のような疑問を持つ方のために書きます

今回は投資で最も代表的なミスと言っても過言ではない損切りできない理由について掘り下げてみます。私達は何故なかなか損切りできないのでしょうか?

投資で稼ぐ力をつけるトレーニング方法を教えてください。

本記事は、きちんと損切りするための思考法がわかります。


また、投資で稼ぐ力を養う具体的なトレーニング方法もわかります。本記事後半に書きましたが、最初に知りたい方は以下をどうぞ



それでは記事を書いていきます。


投資で損切りできない理由をまとめてみた


なぜ損切りできないのかを深く考えて考えて考え抜かないと、同じミスを何回もして資金をあっという間に失う事になってしまいます。


損切りできない理由が明確になれば、ミスも減るはずです。


損切りできない理由を可能な可能な限り挙げてみようと思います。


投資で損切りして損するのが嫌だ


これは誰でもそうなのではないでしょうか?やはり、誰しも損はしたくないものですよね。


私も損はしたくないです。しかも、大儲けするために始めている人が大半です。

損なんてとんでもないですよね。



そういう強い気持ちが、損切りを遠ざけます。


気持ちが圧倒的に強いだけに相当の信念がないと損切りを実行できないのです。


最初に強い決意をしましょう。


そして勝ちだけではなく当然負けもある事を再認識して勝負に望む事です。ほとんどの人が損切りができずに負けていく事を思い出しましょう。


ベテランの一流トレーダーでさえも必ずと言っていいほど損切りを上手く使いこなし、トータルで収益を上げているのです。


投資で損切りして負けるのが嫌だ


負けず嫌いの人に多いですよね。というか人間って基本的に負けず嫌いだと思います。


別に負けても良いって思って生きてる人ってあんまりいないと思います。


投資は誰がやってもほとんどが負けると言われています。9割負けるゲームと言えるでしょう。まずは負ける事になれましょう。


自分は勝てると思って勝負したりする人が多いですが、


自分も周りと変わらないその他大勢の1人という事実を認識して謙虚な気持ちで臨みましょう。


投資の世界は珍しいものでいきなり世界最強クラスのプレイヤーと同じ土俵で戦わなくてはなりません。


そんな中にいきなり入っていったら、まず負けて当然です。


胸を借りるつもりで肩の力を抜いていきましょう。


待っていれば含み損が解消するだろうと期待する


人は何故か含み益が出ているときは、それが無くなってしまう事を恐れて早く決済してしまうのに、損が出ているときはまた戻るだろうと考えてしまいがちです。


そうこうするうちにどんどん損益がふくらんで、さらに損切りができなくなる。現実を受け入れられなく放置へ、そして塩漬けになってしまう。


塩漬けになると資金がロックされその期間はそのお金を投資に回すとができずに機会損失を出してしまいます。


確かに待っていれば含み損が解消することもあります。


その体験を一度でもした人は、なおさら損切りできずに待つことになってしまいます。


投資は大きな利益を出すことよりも大きな損を出さないの方が重要です。切った後にさらに損益が増える方向に行って、切っておいて良かったと思うこともあるでしょう。


そんな経験をしたら、次に同じような状況になった時に、そのホッとした感覚を思い出しましょう。


待っていれば含み損が解消するだろうという、根拠のない期待は捨て去るべきです。


投資で損切りする時のルールを決めていない


そもそもどこで損切りするか決めていないという人もいるでしょう。なんとなく損してきたら損切りしよう。そんな感じですね。でもこれでは絶対に損切りはできません。


損切りラインを決めていても、いざそのラインに来てもなかなか損切りできないのが実際のところです。


それなのに損切りラインを明確に決めていなければ損切りできるわけがありません。


ダウ理論でもテクニカル的な判断でも良いので、自分のルールを決めてまずはポジションを持つ前に明確な損切りラインを決めましょう。


それを決めずしてポジションを持つことは許されないと言っても良いでしょう。


そもそも投資で損切りしない方針である


投資の戦略は人それぞれで正解はありません。その人にあったやりやすい戦略が正解です。


自分に合っていないものはどんなに良い方法でも使い物にならないし負けてしまうでしょう。


ルールは自分で決めるものです。そのルールの中でごくたまに、損切りしないというルールを決めてトレードしている人がいます。


個人的にはオススメしませんが、投資は結果が全てです。


それで今まで買ってきているならそれはそれできちんとした1つの立派な戦略なのかもしれません。


ただし、その損切りしないというルールが単なる惰性から生まれたものならばいつか大きな失敗をしてしまう可能性があるので考え直すべきでしょう。


ここまで損切りできない理由をいくつかあげましたが、


結論、損切りはとても嫌なものだし、できれば避けたいものです。かなりの意志力が必要とされます。


そこからの逃避として、損切りしないというルールが生まれれていないか考えてみましょう。


投資で損切りできるようになるにはトレーニングが必要


お金持ちになるには投資をして足し算の世界から掛け算の世界へと行かなければなりません。


投資のトレーニングは早めから始めましょう。稼ぐ力がつけば、お金持ちになって裕福な生活ができたり、シンプルにモテたりもしますよ。


損切りも頭ではわかっていても経験を積まないとなかなかできるようにはなりません。


まずは余剰資金で5万とか10万の小額から安全に開始しましょう。


間違ってもいきなりなけなしの100万以上とかの大きな額を投入してはいけませんよ。


最初は失っても良いレベルの金額でトレーニングをするべきです。


(逆にあまり小額過ぎると、本気になれずトレーニングの効率が下がるので最低でも5万とか10万くらいはかけた方が良いでしょう。成長が早く投資スキルが一気に上がります。

また、今5万とか10万の余剰資金が無いという場合は、今はとりあえずやめておいた方が良いでしょう。余剰ができたらチャレンジしましょう。


余剰資金がある方は、自由で明るい未来のためにすぐにトレーニングを開始しましょう。ソーシャルゲームに課金している場合ではありませんよ。

まずは投資に慣れたり、損切りを覚えたりチャートのテクニカル分析を勉強したりするのはFXで小さく始めてみることをおすすめします。


FXは一日中値動きがあるので最初に投資を勉強するのにはもってこいです。


暇な時にスマホで値動きを確認してまずは投資に慣れましょう。


FXは危険というイメージがありますが、まずは少額でレバレッジを可能な限り小さくすれば問題ありません。


繰り返しになりますが、余剰資金で5万とか10万の小さい額でレバレッジをかけないで安全に取引しましょう。


そしてまずは投資に慣れて値動きを学びテクニカル分析などもできるようになりましょう。


まずは儲けようとか考えずに、お金を増やすスキルを養うのです。スキルがつけば後で大きくお金をふやせます。


FXができる1番おすすめの取引所は、国内大手の有名なDMM FXです。


まずは小額でトレーニングから始めてお金持ちへの小さな一歩を踏み出しましょう。


>> DMM FXで小さく投資を始めてみる

クリックするとDMM FXの公式ホームページに移動します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA