職場で居場所がない場合どうする?【脱出もあり】

この記事は以下のような方のために書きます。

職場で居場所がない人の特徴を知りたい方。

職場で居場所がない場合の対処法を知りたい方。

この記事を書いている私は、長年の職場人生の中で管理職を長く担当することにより色々な経験をしてきました。

職場で居場所がない人も何度も見たことがあるし、自分自身も職場で居場所がない惨めな経験をしたことがあります。

しかし、独自の考え方や戦略でなんとか乗り越えて仕事においてはかなりの実績を出すことができました。

実績としては会社員の給料と副業収入で何年間も継続して最低でも年収1000万以上稼ぎ続けました。今は不労所得もあります。

それでは記事をスタートしていきます。

5分くらいで簡単に読めますので、職場で居場所がない場合の対策について学んでおきましょう!

※当ブログ、『ライフ戦略論』の基本方針としてスキルアップしながら転職し自分の市場価値を上げていったり、会社に依存せずに稼げるプログラミングスキルなどを向上させることを推奨しています。


関連記事としては転職関連の記事プログラミング関連の記事を参考にしてください。

職場で居場所がない場合どうする?

結論から言うと、職場で居場所がないとけっこうシンドイと思いますがあまり深刻に考えるのはやめましょう。今回は対策もお教えします。

職場で居場所がない人の特徴

最初に職場で居場所がない人の特徴を整理しておきましょう。

ブラック企業にハマった

現在職場に居場所がないという人は、もしかしたらブラック企業のワナにはまってしまっている可能性があります。

ブラック企業というものはとにかくいろいろなところに異常事態が発生しています。

人間関係、人を道具としか見ないような経営者、変な上司などなど、、、

あらゆる種類の問題が複雑に絡み合ったりしているのです。

そして、居場所がなく亡霊のようにさまよっている人たちもよく見受けられます。

このような環境の場合はあなたが悪くなかったとしても自動的に居場所がないという悲惨な状態になってしまいます。

一度自分の会社がブラックでないかどうか1人になって冷静に考えていましょう。

不思議なものでブラック企業で働いている時はなかなか自分がハマってていることに気づかないものなのです。

第三者に相談したり親に相談するなりして自分の状況を客観的にとらえるようにしてみましょう。

実力不足

職場に居場所がない人はシンプルに実力不足ということも考えられます。

当然実力的に足りていなく与えられた仕事において成果が出せない場合はどんどんどんどん角に追いやられて、しまいには居場所がなくなってしまいます。

このような状況にある場合は、まずは自分の実力を見直してレベルアップすることを考えましょう。

ブラックではないまともな会社で働いていたとしても実力のない人は必ず居場所がなくなっていきます。

今は昔の良い時代の日本のように会社が終身を保証してくれるような甘い時代では無いのです。

何かその会社において価値を生み出せる人間にならない限りは、あなたの居場所はできないと思った方が良いでしょう。

人間関係に失敗した

仕事の実力があったとしても人間関係において大きく失敗してしまった場合、職場での居場所がなくなってしまう可能性があります。

人間関係というものは非常に複雑で考えても考えても答えは出てきません。

しかも、その職場特有の現象であったりします。

よって、多くの人がこの人間関係の罠にはまって失敗してしまったりするのです。

例えば、

上司や同僚とバトルしてしまった

社内恋愛に手を出して大失敗してしまった

会社のお局様にターゲットにされ集中放火を浴びた

などなど人間関係の恐怖は様々の方面からあなたを責め立ててきます。

コミュニケーションが苦手

コミュニケーションが苦手な人も職場で居場所がなくなります。

職場において、、、いやと言うよりは今のこの厳しい時代を生き抜いていく上でコミニケーションは実は最も重要な能力と言っても過言ではないでしょう。

コミニケーションさえあれば多少実力がなかったり何か欠けているところがあったとしても、結構すいすいと世の中を渡って行けたりします。

逆に他が全て完璧でもコミニケーション能力がないだけでどんどん状況が悪化しジリ貧になっていきます。

もちろん職場でもだんだんはじっこに追いやられ居場所がないという悲惨な状態になってしまうでしょう。

職場で居場所がない場合の対策

職場で居場所がない場合の戦略もお教えしておきます。基本的には前向きに行動することです。

職場で居場所がない場合の対策1:いち早く転職する

ひとたび職場で居場所がない状態になってしまうとなかなか抜け出すことができなかったりします。

しばらく頑張ってみてもダメな場合は潔く諦めてさっさと転職をしてしまいましょう。

実はそれはが1番時間もかからずコスパも良かったりします。

今の時代は終身雇用も終わりましたし、どうせ1つの会社で一生面倒を見てくれるなんて事はありません。

誰もがいつかは会社を辞めて仕事を移り渡っていくのです。

それならば状況が悪いのにその会社にこだわり続ける必要は全くないでしょう。

求人数の多い有力な転職サイトをながめていれば、あなたに合った仕事なんて山ほどあるはずです。

まずはそういった所で探してみるところから始めましょう。

また、プログラミングスキルなどの自力で稼げるスキルを見つけて会社に依存せず自力で稼いでしまうというのも1つの良い方法です。

とにかく職場に居場所がなくなっても別に全く気にしないでいいので、少しずつ前向きな行動を起こすところから始めていましょう。

行動していれば不思議とけっこう楽になりますよ。

職場で居場所がない場合の対策2:できる仕事を探す

職場で居場所がなくなったならば、まずは自分のできる仕事を探して自分の居場所を強引に作るという戦略があります。

何か余ってる仕事やみんながあまりやりたがらない仕事などを見つけてサクサクとこなしていきましょう。

あなたがその仕事の分野で1番になればれっきとしたあなたの居場所の完成です。

意外と探してみるとあるものなので、よく周囲を見回してみましょう。それか上司に相談してみるのも1つの手です。

職場で居場所がない場合の対策3:無理につくらない

職場で居場所がなくなってできる仕事を探したり上司に相談したりしてもそれでもだめだけど、どうしても職場には残りたい場合はあまり無理をしないことも重要です。

あまり無理をしすぎても空回りして逆にもっと居場所がなくなるだけです。

仕事のやる気があるのに居場所がない場合は自分の努力では仕方がないのでしばらくその状態で待ってみましょう。

会社側もあなたに何も仕事を与えないで置いておくのは原則不可能ですから、何かしらのお声がかかる可能性があります。

職場で居場所がない場合の対策4:優しい先輩のお世話になる

職場で居場所がなくなった場合優しく面倒見の良い先輩に徹底的に甘えるという戦略があります。

もう恥も外聞もなく圧倒的に甘えまくるのです。

実はこれはとても有効な手段なのですが、日本人は文化的なのかプライドが高いのか人を頼ったり甘えたりすることが苦手です。

この能力を鍛えることができればあなたは今後のこの厳しい社会で比較的楽に生きていくことができるでしょう。

向かないなと思ったらやめればいいだけなのでまずは少し試してみることをおすすめします。

別に悪いことをしているわけでは無いのですから。

職場で居場所がない場合の対策5:人ができないスキルをつける

ちょっとハイレベルな対応になりますが、周りの人がなかなか習得できないようなレアなスキルを身につけるのも居場所を作る1つの方法です。

例えば、今の時代どこの会社でも必要なITのスキルを高めたりウェブマーケティングのスキルを高めたりプログラミングのスキルを高めたりなどはこれらです。

それらの能力はどこの会社でも重宝されますが、なかなか人材が不足しているのも現実です。

あなたがそのような特殊能力を持っているならば経営者はあなたのことをほっとくわけにはいきません。

すぐにあなに特別な居場所を与えて良いポジションにつかしてくれることでしょう。

職場で居場所がない場合の対策6:人が嫌がる仕事を探す

先ほども少し出てきましたが、人が嫌がる仕事を探して片っ端からこなしていくというのも1つの手です。

このことを少し深掘りすると人が嫌がる仕事というのは基本的にそれをやるとかなり周囲の評価が高くなります。

あいつはあの仕事をやってくれているから、、

とみんながあなたの存在の重要性に気づいてくれます。 

そうなればしめたものです。

その時点であなたの居場所は完全に確立されたも同然です。

どうしてもその会社に残りたいならばみんながやりたがらない人気のない仕事を探して、あなたはそのスペシャリストになりましょう。

もちろんそこまで残る価値がない職場の場合は最初に言ったようにすぐに転職してしまうのも1つの有効な戦略です。

本記事と合わせて読みたい記事のまとめ

転職が当たり前だった私のおすすめ転職サイトと転職エージェント 【無料あり】プログラミングスクールおすすめ3選【30代以上OK】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA