職場で孤立したら場合どうすべきか?【一匹狼の流儀】

この記事は以下のような方のために書きます。

職場で孤立しやすい人の特徴を知りたい方。

職場で孤立してしまった時の対処法を知りたい方。

この記事を書いている私は、長年の職場人生の中で管理職を長く担当することにより色々な経験をしてきました。

職場で孤立をしている人も見たことがあるし、自分自身も孤立した経験があります。

しかし、独自の考え方や戦略でなんとか乗り越えて仕事においてはかなりの実績を出すことができました。

実績としては会社員の給料と副業収入で何年間も継続して最低でも年収1000万以上稼ぎ続けました。今は不労所得もあります。

それでは記事をスタートしていきます。

5分くらいで簡単に読めますので、職場で孤立した時の対策について学んでおきましょう!

※当ブログ、『ライフ戦略論』の基本方針としてスキルアップしながら転職し自分の市場価値を上げていったり、会社に依存せずに稼げるプログラミングスキルなどを向上させることを推奨しています。


関連記事としては転職関連の記事プログラミング関連の記事を参考にしてください。

職場で孤立したら場合どうすべきか?

結論から言うと、職場での孤立にはそれなりのロジックがあります。そしてそれを打開する策もあります。

職場で孤立する人の特徴

最初に職場で孤立する人の特徴を整理しておきましょう。

外見がきちんとしてない

職場で孤立する人は身だしなみがきちんとしていなかったり、外見に対する配慮は全然なってない人が多かったりします。

また、場合によってはひどい体臭がしたり口臭がしたりする人もいます。

このような人はどんなに人間的に優れていてもどんなに仕事ができたとしても、いっぱつで孤立してしまう可能性があります。

別に高価な衣類をまとったりする必要はありませんが職場で複数人で働く以上、最低限の身だしなみを整え外見をきちんとして印象を良くしましょう。

コミュ力が低い

職場で孤立してしまう人はいかんせんコミュ力が圧倒的に低いです。

コミュ力が低い人は基本的に何を言ってるのかわからないし、伝えようとしたことがうまく伝わらず誤解ばかり招いてしまいます。

職場は常にピリピリしていて忙しいものです。

そんな時になかなか相手と意思疎通ができない人というはどうしても周りに相手にされず結果的に孤立してしまうことになります。

プライドが高い

プライドが高い人もよく職場で孤立します。

プライドが高い人というのはとにかく扱いづらくてとっつきづらいです。

言い方を変えるとちょっとめんどくさい人と言うことも可能です。

何か少し言っただけでプライドを傷つけられ、猛烈な反撃してきたり弁明してきたりします。

このような人は友達もできづらいですし、シンプルに周囲に人が集まりづらいです。

こんな厳しい時代プライドなんか高くても何のいいこともありませんので、もしプライドが高いという覚えがある人は少しずつでも下げていくようにしましょう。

意識をすればプライドはちょっとずつ減らしていくことが可能です。

ブラック企業にいじめられてる

仕事ができたり外見が良かったりコミニケーション能力があったりと、その人自体に何の問題がなくても孤立してしまう場合があります。

それは環境の問題です。

昨今は日本の経済不況より中小企業はかなり追い詰められた状態となっています。

デフレは未だに継続し回復する兆しは一向に見えません。

こんな背景の中、ブラック化してしまう職場が多くなってしまうのも当然です。

ブラック化した職場というのはいじめがあったり人間関係の派閥争いがあったりパワハラがあったりとルール無用の反則技が横行しています。

そんな中で孤立してしまう人も多く存在します。

このような職場に勤めている人は今すぐに脱出することを試みましょう。

孤立してるからといってあなたが悪いわけではありません。

職場自体の問題なのです。

職場で孤立したときの対策

次に職場で孤立した時の対策を伝授いたします。

職場で孤立したときの対策 1:一人を楽しむ

孤立していても全く気にせず全く無視でその状態を楽しむという戦略があります。

職場で孤立していても仕事ができないわけではありません。

むしろ人の1人の方が自分の時間を奪われずに仕事に集中でき生産性が高いという場合もあります。

ランチタイムなどにもひとりでいればいろいろな仕事ができるし、いろいろな情報収集もできます。

ブログなどを書いたりちょっとした副業をすることもできるかもしれません。

全て自分の時間なので生産生和の高いことをすることが可能なのです。

ですから特に問題が生じていないのならば、むしろ孤立していたほうがいいとさえいえます。

孤立すること自体は別に悪いことでは無いので、そのまま放置しておいてむしろ1人の時間を有意義にして楽しんでしまいましょう。

職場で孤立したときの対策 2:転職して職場をかえる

職場で孤立してあまりにも辛い場合は潔く転職してスッキリしてしまいましょう。

職場を変えた時点であなたの孤立は一瞬でリセットできます。

どちらにしても今の時代1つの職場で終身まで働くのは土台無理な話です。

でしたら転職の計画を立てて定期的に職場を移り変わってスキルを上げていったほうが賢明なのです。

日ごろからメジャーな転職サイトなどで求人を眺めておいて自分がに合った仕事に目星をつけておきましょう。

また、休日などにプログラミングスキルなどの自力で稼げる有力なスキルをつけて副業で稼いだりエンジニアに転職してしまったりするのも今の時代にマッチした方法だといえます。

職場で孤立したときの対策 3:圧倒的な実力をつける

職場において圧倒的な実力をつけてしまうのも孤立から脱却する1つの手です。

もしあなたがその職場で誰よりも努力して誰よりも崇高なスキルを持っていたならば、もう誰もあなたのことを無視することはできません。

この状態になるにはかなりの努力が必要ですが、もしあなたが今の職場を気に入っているならば有効な戦略といえます。

圧倒的な努力をして周囲をびっくりさせるくらいレベルアップしていましょう。

キャプテンという野球漫画で、キャプテンの谷口が練習が終わったあと寺で1人で自主練習して圧倒的な実力をつけ周囲の部員たちの信頼を獲得したというストーリーがあります。

かなり感動する漫画のでもしよろしかったら検索してみてください。

職場で孤立したときの対策 4:全く気にしない

職場で孤立したときに頑張って孤立から脱却するにしても辞めて転職するにしても、どちらにしてもそのこと自体をあまり気にするのはやめましょう。

人によっては孤立するとかなり落ち込んで精神的に追い詰められてしまう人がいます。

どっちにしてもあなたは一生その職場にいるわけではありません。

1つの職場で孤立したからといって自分自身を必要以上に苦しめたり追い詰めたりするのはやめましょう。全く無益なことです。

何とかなるさくらいの感じで自信を持って前向きな行動を起こしてください。

職場で孤立したときの対策 5:飲み会などに積極的に参加する

飲み会などの会合にあまりにも参加しない人も職場で孤立する原因となります。

飲み会などは毎回出る必要ありませんが、全く行かないとなると逆に変に目立って変な噂を建てられたり変わり者だと思われてしまいます。

そして、仲間外れにされて孤立することがあります。

そのような事態にならないように適度なタイミングでたまには飲み会などの会合にも参加するようにしましょう。

お酒の席ではみんな心を開いた会話や意外な一面が見えたりして、思いもかけない人と仲良くできたりいろいろな情報が収集できて職場での立ち回りがやりやすくなります。

結果的にあなたは孤立することから遠ざけますのでぜひ試してみてください。

職場で孤立したときの対策 6:有力者の下につく  

その職場で権力を握っている人の下につくという戦略もあります。

管理職の人やお局様、特に役職はないがリーダー的ポジションの方などそのような人に可愛がられて傘下に入れば孤立することは絶対にありません。

子犬のようになついてくるあなたを邪険に扱う人はそんなにはいないはずです。

苦手な人も勇気を持ってアクセスしていきましょう。

職場で孤立したときの対策 7:上司に相談する

シンプルに上司に相談するのももちろん1つの戦略です。

部下が職場で孤立している問題が生じているのに、それを見て見ぬふりをするとしたらその上司にも問題があります。

遠慮なく相談して何か解決策がないか聞いてみましょう。

もし困っているあなたを見過ごすようなことがあるならばそれは上司としての責任放棄ですし、そのような職場ならそもそも長く働く意味なんてありませんよ。

いち早く転職して新しい世界に飛び込んでいきましょう。

本記事と合わせて読みたい記事のまとめ

転職が当たり前だった私のおすすめ転職サイトと転職エージェント 【無料あり】プログラミングスクールおすすめ3選【30代以上OK】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA