職場で濡れ衣(ぬれぎぬ)を着せられる人の特徴とその対処法


長い職場人生のなかで濡れ技を着せられて、追い詰められている人を何回も見てきました。


自分自身も濡れ技を着せられて、かなり苦労した経験もあります。


この記事は以下のような方のために書きます。
  • 職場で濡れ衣を着せられる人の特徴を知りたい方。
  • 職場での濡れ衣を回避する方法を知りたい方。
  • 職場で濡れ衣を着せられた時の対処法を知りたい方。


この記事を読むと、濡れ技を着せられないようにするにはどう立ち回れば良いか、もし濡れ衣を着せられてしまったらどう対処すれば良いかが良くわかります。


それでは記事を書いていきます。



リクルートエージェント

転職業界で支援実績が最多。まずはここだけでも登録して情報収集おきましょう。(登録無料)

doda

大手、優良企業を中心に常時豊富な求人情報を掲載。リクルートエージェントと両方登録している人が多い。(登録無料)

ビズリーチ
管理職・グローバル人材向け国内最大級の会員制転職サイト。求人の質がかなり高い。(登録無料)

※転職相談、面談は電話やオンラインで可能です。


職場で濡れ衣を着せられる人の特徴


職場で濡れ衣を着せられる人の特徴1:優しい


職場で濡れ衣を着せられてしまう人というのは、優しい人間であることが挙げられます。


優しいが故に周りのみんなから責任を押しつけられてしまいがちです。


本来優しいという事はとても良いことですし、決して悪いことではありませんが、


資本主義社会で勝ち抜いていきお金を稼ぐと言う面ではあまり役に立たず、むしろマイナスに働いてしまうこともあるのが残念です。


資本主義社会で生きる以上、過度な優しさは禁物です。資本主義のルールに乗っ取り賢く生きていかねばなりません。


そうしないとみんなに濡れ衣を着せられたり全責任を負わされるなどのひどい仕打ちに遭ってしまうことがあるのも事実です。


資本主義社会のルールについては以下の関連記事も参考にしてください。


資本主義のルールを理解してお金持ちを目指せ【方法9つ】


職場で濡れ衣を着せられる人の特徴2:プライドが高い


職場で濡れ衣を着せられてしまう人と言うのは、プライドが高い人が挙げられます。


プライドが高い人と言うのは、その特徴を逆手にとって周りからいろいろなことを任されたり頼まれたり、逆に利用されてしまうという人がいます。


プライドは高い人と言うのは、周囲にうまく頼られるとプライドが邪魔してそれを断ることができなかったりします。


この考えを応用してついには濡れ衣まで着せられてしまうことさえあるのです。


プライドが高い人と言うのはいつもカッコつけたがる人が多いです。


カッコ悪い行動する自分が許せません。


濡れ衣を着せられてもかっこつけて全責任を負うなどと言って、悲劇のヒロインを気取ったり、みっともなく反論するとゆうことをしなかったりします。


結果、思いっきり濡れ衣を着せられて損をしてしまうことになるのです。


このブログでも何度も出てきていますがプライドが高いという事は得なことがほとんどありません。


プライドについては以下の関連記事も参考にしてください。


プライドを捨てるとメリットが多いという話【意外】

リクルートエージェント

転職業界で支援実績が最多。まずはここだけでも登録して情報収集おきましょう。(登録無料)

doda

大手、優良企業を中心に常時豊富な求人情報を掲載。リクルートエージェントと両方登録している人が多い。(登録無料)

ビズリーチ
管理職・グローバル人材向け国内最大級の会員制転職サイト。求人の質がかなり高い。(登録無料)

※転職相談、面談は電話やオンラインで可能です。



職場で濡れ衣を着せられる人の特徴3:甘えている


常に甘えた考えを持って生きていて、自分は周りに好かれているし、愛されているから何かあっても必ず誰かが助けてくれるや誰かが何とかしてくれるだろうという勘違いを持っています。


濡れ衣を着せられてしまう人と言うのは、基本的に考え方が甘すぎます。お坊ちゃんや一人っ子や末っ子に多い傾向があります。



職場は非常に厳しい戦場です。基本的に自分のことなんて誰も助けては来れません。他人なんですし当たり前と言えば当たり前でしょう。


みんな自分のことを守るので精一杯なのです。


それを理解していない考えの甘い人がたまにいて、その人が真っ先にトラブルがあると濡れ衣を着せられてしまう傾向があります。


職場で濡れ衣を着せられる人の特徴4:調子に乗っている


濡れ衣を着せられてしまう人と言うのは、調子に乗っている人が挙げられます。


人間は調子に乗り始めると大転落人生の始まりが見えてきます。調子に乗っている人というのは周りが全く見えていません。


完全に油断していて無防備な状態です。何かトラブルがあって責任の押し付け合いが始まったとき真っ先にぬれぎぬを着せられる格好の的となってしまうのです。


調子に乗ると失敗するのはなぜか?【職場での対策法もあり】


職場で濡れ衣を着せられる人の特徴5:人を見抜けていない


濡れ衣を着せられてしまう人というのは、人を全く見抜けていません。


格闘ゲームの言葉でいうと人読みが全くできていません。ゲームでも対戦相手の癖や特徴を知っていないと勝つ事はできません。


人を見抜けないことによって職場でもいろいろな場面で損をして失敗をしてしまうのです。


濡れ衣と言うのは基本的に他の誰かがあなたに投げてくるものです。


そういうことをしてくる可能性がある人を見抜くことができれば回避することができるのですが、人を見抜けていない人はもろにその攻撃を食ってしまいます。


よって人を見抜けない人はよくぬれぎぬを着せられてしまうと言うことになるのです。


関連記事:人の特徴coming soon👍


職場で濡れ衣を着せられる人の特徴6:感情的になっている


濡れ衣を着せられてしまう人と言うのは、感情的になったり焦ったりしている人です。


冷静な判断ができないときは人の能力は半分以下になってしまいます。


濡れ衣を誰に着せようかと言うことになったときに1番弱っている人に押し付けるというのは世の常です。


そこでもしあなたが焦ったり感情的になったりしていれば、真っ先にみんなのターゲットとなるでしょう。



リクルートエージェント

転職業界で支援実績が最多。まずはここだけでも登録して情報収集おきましょう。(登録無料)

doda

大手、優良企業を中心に常時豊富な求人情報を掲載。リクルートエージェントと両方登録している人が多い。(登録無料)

ビズリーチ
管理職・グローバル人材向け国内最大級の会員制転職サイト。求人の質がかなり高い。(登録無料)

※転職相談、面談は電話やオンラインで可能です。


職場での濡れ衣を回避する方法


職場での濡れ衣を回避する方法1:距離感を保つ


職場で濡れ衣を着せられないようにするには、日ごろから周囲の人たちと適切な距離感を保ちましょう。


仕事をする時もプライベートな話は極力避け仕事の話以外はするのをやめましょう。


なるべく仕事だけを淡々とこなし、終わったらすぐに帰宅し、人間関係の話の中に入るのを避けましょう。


職場で起こる問題のほとんどは人間関係によるものです。人間関係に混ざって得な事はほとんどありません。


職場は働いて給料稼ぐところと割り切りましょう。そのために仕事に必要な最低限の人間関係以外は絶対に入らないようにしましょう。


余計な人間関係に入っていなければ何かトラブルがあったときに責任をなすりつけられたり、ぬれぎぬを着せられたり何かの犯人にされる可能性が極端に減ります。


かなり防御力が高まる方法なので距離感を保つと言う戦略をマスターしましょう。


そしてなるべく平和に給料を稼ぎ節約してそれを投資に回して一気にお金持ちを目指しましょう。


ちなみに、投資は真のお金持ちになるためには絶対的に必要です。少ない資金でまずはトレーニンから始めましょう。


以下の記事の後半にトレーニング方法を記しました。


投資で損切りできない理由をまとめてみた【経済的成功に投資は必要】


職場での濡れ衣を回避する方法2:危険な人を見極めろ


職場でぬれぎぬを着せられないようにするには、危険な人と言うのを見抜けるようになりましょう。


いろいろな危険な人がいますが濡れ衣を着せてくるという意味では、人を裏切る人と言うのが1番危険だと言えるでしょう。


この人は人を裏切る人だなと思ったりしたら、その人からは大きく距離をとって仕事をするようにしましょう。


裏切る人と言うのは日常茶飯事で人を裏切りながら生きています。人の陰口を言ったり人を陥れたりし続けています。


よく観察すれば見抜けるはずなのでそういう人を見つけたら注意しましょう。裏切る人の特徴については以下の関連記事も参考にしてください。


関連記事 裏切る人coming soon👍


職場での濡れ衣を回避する方法3:反撃する意思を見せる


職場で濡れ衣を着せられないようにするには、何かあったときは自分も反撃するぞとゆう意思表示をしておきましょう。


周囲にこの人は何かやられても何も反論もしないし反撃もしないしおとなしい人だと思われていると、完全に舐められてしまい何かあったときに濡れ衣を着せられたり全責任を負わされたりしてしまいます。


職場は弱肉強食の世界です。強いものは生き、弱いものは淘汰されていってしまいます。


濡れ技を着せられたくなかったら自分も反撃し戦う意志を見せていきましょう。


例えば、ものすごく反論する人やかなり強気な人というのはあまり濡れ衣等を着られる事はありません。


そういう人に濡れ衣を着せても反撃に会うだけだし面倒なことになるとみんなわかっているからです。


ただし、反撃しない方がいい人もいます。それは会社のお局様(おつぼねさま)です。


お局様は圧倒的な戦闘能力と攻撃力を持っていることが多いです。時にそれは会社のトップに匹敵する場合もあります。


例えば、私はスキルアップしながら転職を繰り返すことにより通常よりも圧倒的に多くの人と仕事をしてきましたが、お局様の遭遇率がかなり高かった自信があります。


その際に、お局様にコテンパンに打ちのめされた経験もあります。中途半端な反撃は逆効果です。よってお局様(おつぼねさま)にだけは反撃するのはやめましょう。


お局様については以下の記事も参考にしてください。


お局様の特徴ってどんな感じ?【経済的成功のための処世術】


職場での濡れ衣を回避する方法4:謙虚な気持ちを持って行動


職場で濡れ衣を着せられないようにするには、常に謙虚な気持ちを持って行動しましょう。


謙虚な気持ちを持つことによって油断が消え、冷静な判断ができるようになって仕事のミスも少なくなります。


周囲からの攻撃にも的確に対応ができ、スキがなくなります。ぬれぎぬを着せられそうになってもうまくかわして回避できる可能性が高まるでしょう。


職場での濡れ衣を回避する方法5:前兆に気づく


職場で濡れ衣を着せられる前というのは、実は必ずその前兆があります。その前兆を敏感に察知しましょう。


誰かが人に濡れ衣を着せたり責任を押し付けるまいと言うのは、必ずその準備期間や計画する期間というのがあります。


そういう前兆とゆうのはよく注意して観察していると意外とわかるものです。


何か変だなと違和感を感じたら、もしかしたら何か悪だくみをしている人がいるかもと疑ってかかっておいて損はないでしょう。


職場なんて濡れ衣や責任の押し付き合いが日常茶飯事です。


常に注意して前兆に気づくことができればほぼ全て回避できると言って良いでしょう。


職場で濡れ衣を着せられた時の対処法


職場で濡れ衣を着せられた時の対処法1:落ち着く


運悪く濡れ衣を着せられてしまった時は、まず最初にやるべき事は平常心を保つと言うことです。


不意に攻撃された時というのは人はとても驚きかなり動揺して取り乱すことになります。


そうなるとそこで変な行動してしまってさらに被害が拡大するとゆうことがよくあります。二次災害みたいな感じですね。


揺れ衣を着せられた瞬間では、まだそこで冷静に対応することさえできればそんなに被害を大きくしないで済むことがほとんどです。


まずは平常心を取り戻して冷静な対応をしていくと決意しましょう。


職場で濡れ衣を着せられた時の対処法2:弁明する時間をもらう


平常心を保って後はまずは社長や上司など決定権を持つ人に弁明する時間をもらいましょう。


時間をもらえなければ何も弁明することもできないしその状況を回避することもできません。


もたもたしていてはその時間すらもらえずに濡れ技を着せられたまま話が終わってしまうということもあります。


また、あなたに濡れ技を着せ着せてきた人または人たちが弁明する時間すら与えないように仕組んで話を勝手に終わらせてしまうことさえあります。


まず最初にやる事は少しでも自分の話を聞いてもらえる時間を確保することから始めましょう。


それが真実でなくただの濡れ衣ならばまだあなたに逆転のチャンスは十分にあるからです。


職場で濡れ衣を着せられた時の対処法3:カッコつけたり、怯えないで泥臭く反乱する


弁明する時間を確保できたら次にやる事はもうわかっていますよね。


プライドも恥も外聞もなく徹底的に反論することです。もちろん平常心を保ったままでですよ。


よくそういうことをするのは言い訳っぽくてカッコ悪いとか、私はそんな無様なことはしないかとか、みっともないとか思ってあまり反論しない人がいるのですが、そんな甘いことではこの資本主義の社会は生き残れません。


冷静さを保ったまま徹底的に反論すべきです。そうすればまともな職場の社長や上司ならばわかってくれるはずです。つまらないプライドを捨てましょう。


プライドを捨てるとメリットが多いという話【意外】

リクルートエージェント

転職業界で支援実績が最多。まずはここだけでも登録して情報収集おきましょう。(登録無料)

doda

大手、優良企業を中心に常時豊富な求人情報を掲載。リクルートエージェントと両方登録している人が多い。(登録無料)

ビズリーチ
管理職・グローバル人材向け国内最大級の会員制転職サイト。求人の質がかなり高い。(登録無料)

※転職相談、面談は電話やオンラインで可能です。



職場で上司に濡れ衣を着せられたらどうするか?


濡れ衣を着せてきた相手が職場の上司だったらどうし対応したらよいでしょうか?


基本的には上司でもやる事は変わりません。きちんと平常心を保ってさらに上の立場の人に時間を作ってもらって相談したりしましょう。


上司といっても所詮はあなたと同じ雇われの身です。そういった意味で言えばそんなに立場が強いと言う訳では無いのです。


全然怯えたりしないでいいのではっきりと無罪を主張しましょう。


私も散々上司には痛ぶられた経験がありますが、どんどんスキルを上げていってからは対等に戦っていけるようになりました。


こちらも強気に出てきちんとした理論で対抗すれば実は上司はそんなに強いものではありません。


上司に関してまとめた記事も参考にしてください。


上司と合わない理由と対策【退職、転職もあり】

職場で濡れ衣を着せられたら名誉毀損すべき?


職場で濡れ衣を着せられてひどい目にあって名誉棄損を考える人もいますが、個人的にはあまりオススメしません。


名誉毀損等をして争ってもあまりメリットはありませんし、時間の無駄であると考えるからです。


そのようなことに消耗してる暇があるならば、自分をスキルを磨くなり新しい職場を探すなりと生産的な時間を過ごす方が得策でしょう。


職場で濡れ衣を着せられたら退職も考えよう


ここまでの工程を完璧にこなして、それでもなお理解してもらえないのならば、その職場に問題があると考えましょう。


濡れ衣を着せて無実の罪であなたを裁くような職場ならば、今後働く価値なんて一切無いと考えましょう。


そういう会社は人を大事にしない会社です。遅かれ早かれ悲惨な結末しかないでしょう。


早々にこちらから身を引くのが妥当と言えるでしょう。


終身雇用が完全に破綻しかけている昨今、同じ会社に行ってずっと働く意味もないし、そもそも1つの会社に自分の全てをかけると言うのはとてもリスキーな話です。


転職していろいろな経験をしてスキルアップしていくのは悪くないし、むしろ時代に合っているといるナイスな戦略です。


私はその戦略でどんどん力をつけて所得を上げていきました。


転職のスキルについては以下の2つの記事で完璧に理解できます。


転職が当たり前だった私のおすすめ転職サイトと転職エージェント 転職を繰り返した結果、後々良かったと感じた話【成功体験】

リクルートエージェント

転職業界で支援実績が最多。まずはここだけでも登録して情報収集おきましょう。(登録無料)

doda

大手、優良企業を中心に常時豊富な求人情報を掲載。リクルートエージェントと両方登録している人が多い。(登録無料)

ビズリーチ
管理職・グローバル人材向け国内最大級の会員制転職サイト。求人の質がかなり高い。(登録無料)

※転職相談、面談は電話やオンラインで可能です。


また、スキルアップしながら転職していく戦略の中で一回はエンジニアを入れることを推奨します。


エンジニアになればシンプルに稼げるし、他の仕事をしながらクラウドワークスなどから仕事をもらって副業もできます。


副業にしか使えないものより応用範囲は広いです。本業にすれば年収1000万以上稼いでいる人なんてゴロゴロいますよ。


しかし、プログラミングは独学で挑戦してもほとんどの人が挫折してしまいます。そうなると膨大な時間無駄なので、最初は誰かに教えてもらった方が絶対に早いです。最速でエンジニアになることができます。


自分への優れた投資だと思ってプログラミングスクールへ通う方が良いでしょう。


エンジニアのスキルをつければ、その費用なんて簡単に取り戻せるし、変な会社の変な上司に足元を見られて追い詰められることもなくなりますよ。自信もつきます。なるべく早く行動に移しましょう。


以下の記事も参考にしてくだい。


【無料あり】プログラミングスクールおすすめ3選【30代以上OK】


本記事と合わせて読みたい記事のまとめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA