ブラック企業が当たり前の時代なのか??【何故】

この記事は以下のような方のために書きます。

ブラック企業が当たり前の理由を知りたい方。



この記事を読むメリット

  • ブラック企業が当たり前の理由がよくわかる。
  • ブラック企業への対処法がよくわかる。


この記事を書いている私は、長い職場人生の中でブラック企業を何度も体験してきました。


しかし、スキルアップしながら転職していたのでなんとか精神的、経済的なダメージを負わずにすみました。



ではスタートします。


3分くらいで読めますので、ブラック企業が当たり前の理由を学んでおきましょう!


※当ブログ、『ライフ戦略論』の基本方針としてスキルアップしながら転職し自分の市場価値を上げていったり、会社に依存せずに稼げるプログラミングスキルなどを向上させることを推奨しています。


関連記事としては転職関連の記事プログラミング関連の記事を参考にしてください。


広告

リクルートエージェント: 転職業界で支援実績が最多。全体の約90%が非公開求人。無料登録は2分で可能。


ブラック企業が当たり前の時代なのか??【何故】


では早速、なぜブラック企業が当たり前の時代なのかを考えていきましょう。

具体的には下記のような理由が挙げられます。

  • 人が足りない
  • 経済状態が悪い
  • 経営者が能力不足
  • 旧世代が自己中
  • それでも働いてしまう人がいる

1つずつ簡単に解説していきます。

人が足りない

人が足りないのは、ブラック企業が当たり前になってきてしまっている理由と言えるでしょう。

人が足りなければ、やはり一人一人にかかる負荷が多くなりハードな職場と言うことになります。

そして、人を雇うと思ってもなかなか入って来なければブラックな職場でなくても暗く感じてしまうのです。

以上の理由から、人が足りない事はブラック企業のが当たり前となってしまっている理由の1つと考えて良いでしょう。

経済状態が悪い

経済状態が悪いのもブラック企業は当たり前の時代になってしまった1つの大きな理由と言えるでしょう。

とにかく現在今日本経済は低迷を続けております。

新しいイノベーションなども出ておらず大きな発展も得られていません。

そのような中で生産性が低ければ全体に行き渡る取り分も少なくなってしまうのは当然です。

よって、健全な会社の体制を構築することができなくてブラック企業は多くなってしまうのでしょう。

経営者が能力不足

単純に経営者が能力不足なのもブラック企業が当たり前となってしまう理由でしょう。

優秀な経営者が出て来なければその会社をホワイトにすることができません。

優秀な経営者が出ないのか時代が悪いのか分かりませんが、とにかくそのような状態になってしまっている感が否めません。

旧世代が自己中

一昔前の旧世代が自己中心的な改革行ってしまっている会社が多いのも、ブラック企業が当たり前となってしまう理由と考えられるでしょう。

一昔前の世代は日本はとてもいい時代に育った世代です。

その世代が自分たちの有利なように牛耳ってしまう事はよくあることです。

そのため、今現役で働く人にとってはブラックな状況になってしまっていたりするのです。

それでも働いてしまう人がいる

ブラック企業が当たり前になってきてしまっている理由として、たとえブラックであったとしても頑張って働いてしまっている人がいると言うのも1つの原因とされています。

しかし、働く人は生活費等を稼がなければならないためこれはしょうがないこととも言えるのです。

なので責めることはできません。

ブラックならば働かないとみんながもし一致して決めることができれば、ブラック企業はなくなっていくと思われます。

しかしながら、現実問題としてそのような事はなかなか難しいと言って良いでしょう。



広告

dodaに無料登録して情報を得る


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA