飲食店のマーケティング戦略を徹底解説【今の時代に必須のスキル】


この記事は以下のような方のために書きます。
  • マーケティングスキルを向上させたい方
  • 飲食店経営をしていて集客を上手くやりたい方
  • 会社でマーケティングを担当していて集客を上手くやりたい方


✔︎この記事を読むメリット

  • 実例に基づいた繁盛している飲食店のマーケティング戦略をよく理解できます。
  • 他分野のマーケティング戦略にも応用できます。
  • 今の時代学ぶべきスキルの種類がわかります。


この記事を書いている私は、今までミシュランを含める数々の飲食店に足を運びました。


マーケティングの仕事の経験がある私は趣味で飲食店の分析し続けてきました。


時には店の主人に色々教えてもらったりもしました。そこで繁盛店のマーケティング手法を学びました。


ではスタートします。


飲食店のマーケティング戦略を徹底解説


まず最初に、マーケティング戦略を学ぶ事はとても重要です。


マーケティング力は日頃から鍛えることが可能です。繁盛しているお店に行った時に、


なんでこのお店はお客さんが多いのだろう?


とその理由を考えてみるのです。


そこには何か必ず秘密があるからです。


私のように運良く店主と仲良くなれれば秘訣を聞いてみても良いかもしれません。


けっこう通い詰めて常連さんになれば教えてくれたりします。


マーケティング力を鍛えることは自分でビジネスをやる上でとても重要です。


自分で考えて答えを出す問題解決能力も身につきます。全ての人に役に立つ能力と言えます。


今の時代にかなり有効なスキルとしては、


  • マーケティングスキル
  • プログラミングスキル
  • セールススキル(コミュ力)


この3つであると断言します。


これに関係した仕事をする事を強くお勧めします。


シンプルにお金持ちにもなりやすいです。


実際にマーケティングのお仕事をして学びたい人は以下の国内最大手の転職サイトで仕事を探しましょう。


登録も情報収集も無料でできますので、まずは登録だけでもしておきましょう1分ほどで可能です。


✔︎無料登録して情報収集すべき転職サイト3社

リクルートエージェント

転職業界で支援実績が最多。まずはここだけでも登録して情報収集おきましょう。(登録無料)

doda

大手、優良企業を中心に常時豊富な求人情報を掲載。リクルートエージェントと両方登録している人が多い。(登録無料)

ビズリーチ
管理職・グローバル人材向け国内最大級の会員制転職サイト。求人の質がかなり高い。(登録無料)

※転職相談、面談は電話やオンラインで可能です。


また、おまけとして2つ目のプログラミングスキルをつけてエンジニアになりたい人のための方法も紹介しておきます。


結論から言うと、以下の転職保証もしてくれるプログラミングスクールに行って最速でエンジニアに転職しましょう。


今なら転職できなかったら全額返金のシステムもあります。エンジニアに転職して稼げはスクール代なんてすぐに回収できますよ。


エンジニアは本業や副業で大きく稼げるし、フリーランスでも自由に働けるので、今人気が急上昇しています。


エンジニアが不足している今のうちに無料カウンセリングだけでも受けて一歩リードしておきましょう。


✔︎未経験からエンジニア転職するなら以下のテックエキスパートがおすすめです。

テックキャンプ エンジニア転職(テックエキスパート) :オンライン無料カウンセリングあり。転職できなければ全額返金。(オンライン完結)

テックキャンプ プログラミング教養: 無料プログラミング体験会あり。(オンライン学習相談あり)

テックアカデミー: オンライン無料体験あり。(オンライン完結)



※無料カウンセリングや体験はいつまで続くかわかりませんのでお早めにどうぞ。

※オンライン無料カウンセリングや体験での費用は一切かかりません。


プログラミングについて詳しく知りたい方は【無料あり】プログラミングスクールおすすめ3選【30代以上OK】も参考にしてください。


ここまでで、今の時代に絶対につけるべきスキルを獲得する準備ができたら次にいきましょう。


5分くらいで簡単に読めますので、圧倒的に稼げる実践的な知識をつけておきましょう。


飲食店のマーケティング戦略1:SNS


最近の飲食店もマーケティングには、SNSの知識が必須と言えます。SNS無くして飲食店の成功はありえないという時代も遠くはないでしょう。


普段はSNSなんてやらないという飲食店経営者の方も、仕事のために使い方を覚えないといけないでしょう。


時代は刻々と変化しています。その変化に柔軟に対応していかなければ、今後より一層厳しくなると予測される飲食店経営で生き残ることはできないでしょう。


SNSは色々な種類がありますが、以下の3点かメジャーです。


  • Twitter
  • Instagram
  • Facebook


最低限これらはすべて登録しましょう。無料でできますので使わなければ損しかないです。


実際にどのように飲食店経営に活かすのでしょか?


SNSを上手く活用して繁盛店を作っているお店は数多くあります。


その実例をもとにまとめたものを以下に挙げます。


  • お得な情報を発信
  • 信用を勝ち取る
  • メニューの写真のアップ


1つずつ簡単に解説します。


お得な情報を発信


まずはお客さんにSNSを始めたことをお伝えしなくてはなりません。当たり前ですが勝手に始めただけでは効果はありません。


店内に張り紙でお伝えするのが一般的でしょう。


SNS始めましたご登録お願いします。


みたいな感じですね。


そこに、Twitter、Instagram、facebookとアドレスを書いておきましょう。QRコードを貼っても良いです。


しかし、それだけではなかなかお客さんは登録してくれません。


どうすれば良いでしょうか?


お客さんが必要だと思う情報、得だと思う情報を発信することを宣言しましょう。


  • 新メニューの発表
  • 料理の美味しい食べ方
  • お店の営業日、お休みの情報


などでしょうか。


他にもお客さんに有益なだと思う情報があれば発信することを宣言しましょう。


そうしてまずはフォロワーを増やす努力をしましょう。


信用を勝ち取る


SNSのプロィール画面で信用を勝ち取る宣言しましょう。


商売を繁盛させるにはまずは信用を獲得しなければなりません。これは飲食店に限らず全てのビジネスにおいて共通の概念です。


1番目立つプロィールのところでそれを自分で考えて宣言しましょう。


1つ具体例をご紹介します。


今まで数多くの飲食店のSNSを研究していて、何店か同じような文章で信用できるなと感じたものです。


内容としては、


この地で長期間本気で飲食店を継続していきたい


という宣言です。


表現方法はみんな違いますが、この手の内容はお客さんの信用を集めます。


ここでのポイントは長期間というところです。


長期間やろうするのは、本気の現れです。その店の経営に命をかけている証拠です。人生をかけて取り組んでいるというメッセージです。


数年でやめようとか、短期でお金を設けてやめようという考えでスタートする飲食店も多くあります。


そのような店を運営する経営者に出てこない発想です。


長期でやる決意というのは、良い加減にやらない、信用を勝ち取り続けるという宣言そのものなのです。


飲食店経営でもなんでもそうですが、一番大事で難しいは勝つことではありません。勝ち続けることなのです。


勝ち続ける決意がある人はその時点で信用に値します。


これからも手を抜かないで努力するという期待ができます。


これは一例ですが、このようにSNSを見たお客さんに信用してもらえるような宣言を、1番よく見えるプロィール画面に投下してください。


あなたの魂の文章を見せてやってください。


実際の料理の写真のアップ 


実際の料理の写真のアップは、お客さんのウケが良いです。実際、色々調べましたが、いいね!などの高評価ボタンもよく押される傾向にあります。


インスタ映えするような写真を多く集めましょう。肉などならカットした断面が良いウケが良いです。


綺麗に美味しそうに写真を撮って、なるべく多くアップしていきましょう。


このようにSNSを完璧に使いこなして来客を増やして売り上げを上げていきましょう。


飲食店のマーケティング戦略2:自分で食べる


自分の店の料理を自分で食べましょう。このことによって以下の4点のメリットがあります。


  1. お客さん視点の評価がてきる
  2. より美味しいものを作る気になる
  3. 信用が上がる
  4. 在庫が減る


1つずつ簡単に解説します。


お客さん目線の評価ができる


いつも作ってばかりだと、いつのまにか客観的な評価ができなくなってしまいます。知らず知らずにいつのまにかに最初に決めた味と変わっていた、なんて事もあり得ます。


常にお客さんになったつもりで、自分の店の料理を食べてお客さんの目線で客観的な評価をしましょう。


もっと味を薄くした方が良いかもと思ったり、ソースを変えた方が良いかもなど色々なアップデートを思いつくかもしれません。


常に客観的な評価をし続けましょう。


より美味しいものを作る気になる


人間はやはり自分が可愛いものです。自分が食べるとなると、より美味しいものを作りたくなるものです。


この人間の特性を利用しましょう。同じ商品でも常にレベルを上げていくキッカケになります。


信用が上がる


自分の店の料理を自分で食べることは、お客さんにとっては信用や安心に繋がります。商品に自信がないとできることではありません。


そしてこれは積極的にお客さんに伝えていきましょう。


先程説明したSNSを使用するのが良いでしょう。


今日はこのメニューを食べましたー!


みたいな感じで投稿しましょう。料理の写真もアップできる一石二鳥です。


お店の人が食べているなら安心できるし、今度食べに行こうと思ってもらいやすいです。


これはけっこう大事な裏技です。自分の店の料理を食べた時は必ずSNSにアップしましょう。かなりの集客に繋がるはずです。


在庫が減る


飲食店経営に限らず、経営者ならなるべく在庫は持ちたくありません。


自分の店の料理を自分で食べればシンプルに在庫を減らすことができるでしょう。また、食費も抑えられるし一石二鳥です。


以上のように、自分の店の料理を自分で食べることにはメリットが数多くあります。これらを確実に行い集客アップを狙いましょう。


飲食店のマーケティング戦略3:常連さんとのトーク


常連さんができたらマーケティング的にかなり有利です。


常連さんとのトークタイムは実は、かなりの集客のチャンスです。主な理由は以下3つデス。


  1. 常連さんがいると他の客が安心する
  2. 料理のCMタイムとなる
  3. 他の店の情報を聞けることがある


1つずつ簡単に解説します。


常連さんがいると他の客が安心する


常連さんがいることがわかれば、周囲のお客さんは安心します。常連さんがいることはそれ自体が信用に値します。


あなたが常連さんと話しているのを見て安心したお客さんは、その人もまた常連さんになってくれる可能性が高くなります。


集客は同じペースで上がっていくわけではなく、増えれば増えるほどスピードが増していきます。


常連さんが常連さんを連れてくるのです。


これはSNSのフォロワーの伸びを見ていてもわかります。フォロワーが増えてきて数字が上がってくると、その高い数値を見た人が、


こんなにフォロワーがいるなら価値のある発信をしているに違いない


と考えて、その人もフォロワーになってくれやすいです。


その理論に似ていますので、常連さんを大事にしましょう。


常連さんは一見の客の何倍も大事な存在と言えるでしょう。(だからと言ってもちろん一見のお客さんも大事にしてくださいね)


繁盛店の経営者はこの事を肌で感じて知っています。だから常連さんをとても大切にするのです。常連さんで固めたいと思っているのです。


よくファンが何人いても飯は食っていけないが、信者が1人いれば食っていけるとか言いますよね。


あなたの店の信者を増やしてください。信者は信者を連れてきます。そして、どんどん増殖して指数関数的に増えていきます。


料理のCMタイムとなる


常連さんとのトークタイムは実は商品のCMタイムです。これはかなりの裏技ですが、とても有効です。


常連さんトークは、他のお客さんはなんとなく聞いているものです。聞こうと思わなくても耳に入ってきます。


その時に常連さんから料理についての質問を受けることがあります。


そこがチャンスタイムです。料理に対するこだわりやアピールポイントを真剣にプレゼンしましょう。


お客さんが食べてみたいと思うような内容を語ってください。


それを聞いた常連さん、そして周囲の人はまた来たいと思うでしょう。


このように常連さんとのトークは実は集客のチャンスタイムなのです。逃さないようにしてください。


他の店の情報を聞けることがある


外食に頻繁に来るような常連さんは他の店にも通っていたりします。そこで他の店の情報を教えてくれたりします。


かなりリアルな意見が聞けることがあり、勉強になります。これ以上の教科書はないと言っても良いでしょう。


実際のお客さんの意見ですから。営業時間に情報収集もできることになります。


以上のように常連さんとのトークは非常に大切です。


飲食店のマーケティング戦略4:電子マネー


今後の飲食店経営を続けていくなら、電子マネーも取り入れを検討しましょう。主な電子マネーは以下です。


  • PayPay
  • メルペイ
  • Suica
  • Origami Pay


などです。


以下に電子マネー導入のメリットをあ挙げます。


  • 衛生面
  • 人件費削減
  • 今後拡大される可能性あり


1つずつ簡単に解説します。


衛生面


お客さんはけっこう衛生面を気にします。店員さんにあまりお金のやり取りをして欲しくないというお客さんは意外と多いものです。


電子マネーにすればお金のやり取りがなくなり衛生面でも安心できます。


また、お店の清潔感にも注意してください。


人件費削減


会計はけっこう手間がかかるし、時間も取られます。人不足の昨今、大きな足かせとなります。


売り上げ金額の計算も大変です。


これらの手間を一気に省くことができます。最初は大変ですが、慣れれば良いことばかりです。


今後拡大される可能性あり


電子マネーは今後拡大が予測されます。もうすでに現金しか使えない店には行かないという人もちらほらと出てきています。


今から意識だけは向けておいた方が良いでしょう。


電子マネー関連記事coming soon👍


飲食店のマーケティング戦略5:高めの値段設定


可能な限り高めの料金設定で、質の良い料理を出しましょう。安売りはあまり良くないです。


その方が、質の高い客層が集まります。質の良い客層はあまり細かい事を言ったりしませんし、クレームも出にくいです。


安さを求めてくるお客さんほど文句を言ったりトラブルになる傾向があります。


質の高い客層を集め常連化を目指しましょう。


飲食店のマーケティング戦略6:ストーリーをつくる


飲食店経営は料理の味ももちろん大事ですが、もう一つ大事な事があります。


それはその料理のストーリーです。


例えば、ラーメンだったら、どんな小麦を使ってどんな麺を作ったかやネギはどこ産のものを使っているのかなど、、


その料理にはなんらかのストーリーがあるはずです。それをお客さんにわかってもらいましょう。


常連さんに説明しても良いし、SNSで発信するのも良いでしょう。


飲食店に限らず、なんらかの商品を売る時は商品のストーリーを説明するのです。お客さんはそのストーリーも込みで購入を考えるのです。


関連記事 商品についてcoming soon 👍


今回はここまでとなります。


繰り返しになりますが、今の時代職業を選ぶなら以下の3分野に関わる仕事を選びましょう。


  • マーケティングスキル
  • プログラミングスキル
  • セールススキル(コミュ力)


圧倒的にあなたの市場価値を上げることになり、ダントツで稼げます。


日頃から情報収集だけでもしてお宝求人を見つけましょう。登録(1分で終わります)も情報収集も無料です。


✔︎無料登録して情報収集すべき転職サイト3社

リクルートエージェント

転職業界で支援実績が最多。まずはここだけでも登録して情報収集おきましょう。(登録無料)

doda

大手、優良企業を中心に常時豊富な求人情報を掲載。リクルートエージェントと両方登録している人が多い。(登録無料)

ビズリーチ
管理職・グローバル人材向け国内最大級の会員制転職サイト。求人の質がかなり高い。(登録無料)

※転職相談、面談は電話やオンラインで可能です。


✔︎未経験からエンジニア転職するなら以下のテックエキスパートがおすすめです。

テックキャンプ エンジニア転職(テックエキスパート) :オンライン無料カウンセリングあり。転職できなければ全額返金。(オンライン完結)

テックキャンプ プログラミング教養: 無料プログラミング体験会あり。(オンライン学習相談あり)

テックアカデミー: オンライン無料体験あり。(オンライン完結)


※無料カウンセリングや体験はいつまで続くかわかりませんのでお早めにどうぞ。

※オンライン無料カウンセリングや体験での費用は一切かかりません。


✔︎本記事と合わせて読みたい記事のまとめ

【無料あり】プログラミングスクールおすすめ3選【30代以上OK】 転職が当たり前だった私のおすすめ転職サイトと転職エージェント 転職を繰り返した結果、後々良かったと感じた話【成功体験】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA