管理職のやりがいってなに??【そこそこ】

この記事は以下のような方のために書きます。

管理職って大変って聞いたんですが、やりがいみたいな事もありますか?

やりがいを知ってモチベーションを上げたいです。


この記事を読むメリット

  • 管理職をやる事のやりがいや得したなと思うようなことがよくわかります。 
  • 何かのコミュニティでリーダー的ポジションをやっている方にも応用できます。


この記事を書いている私は、会社で実際に管理職を担当しやりがいを見出し、自分で言うのも変ですがかなりの成績を出しました。


また、スキルアップしながら転職していたので給料も上がって行きました。


実績としては管理職で何年間も継続して最低でも年収1000万以上稼ぎ続けました。今は不労所得もあります。


ではスタートします。


3分くらいで読めますので、管理職のやりがいについてを学んでおきましょう!


※当ブログ、『ライフ戦略論』の基本方針としてスキルアップしながら転職し自分の市場価値を上げていったり、会社に依存せずに稼げるプログラミングスキルなどを向上させることを推奨しています。


関連記事としては転職関連の記事プログラミング関連の記事を参考にしてください。


広告

リクルートエージェント: 転職業界で支援実績が最多。全体の約90%が非公開求人。無料登録は2分で可能。


管理職のやりがいとは


さっそくですが管理職のやりがいを一般論と実体験をもとに完璧に解説します。

管理職のやりがいとは1:マネジメント能力がついた

管理職のやりがいの一つとしては、様々なマネジメント能力がついたということです。

主に以下のマネジメント能力を習得することができました。

  • 部下のマネジメント能力
  • コストのマネジメント能力
  • リスクのマネジメント能力

1つずつ簡単に解説します。

✔︎部下のマネジメント能力

1日中色々な部下に接していることによって、部下のマネジメント能力が圧倒的に向上しました。

常に部下のモチベーションを上げて成果を最大にするにはどうしたら良いかということを考え続けて仕事をしているので、この能力は飛躍的に向上します。

✔︎コストのマネジメント能力

管理職として日々働いていく中で、売り上げだけでなくコストの計算もして日報などを作成していました。

これを継続することにより、いかにコストを抑えるかということを考える習慣ができ、コストのマネジメント能力が飛躍的に上がります。

✔︎リスクのマネジメント能力

管理職として数多くの部下を抱えて働くときは、自分だけではなく全体がハイリスクな行動を取らないように管理していかなければなりません。

日々数多くのリスク判断を下すことによって、リスクマネジメントの能力が大きく養われます。

以上のように、様々なマネジメント能力が養われたのは、管理職をやってよかったと思うことの1つです。 

普通の社員をやっているだけでは、ここまでの能力は着かなかっただろうと思います。

管理職のやりがいとは2:経験と経歴がついた

管理職よやりがいの1つとして、管理職の経験と経歴を獲得したということが挙げられます。

これらは誰でも持っているものではないので、希少性がとても高く、自分の価値を一気に跳ね上げることになります。

そうなると、次に転職をしようと思ったときなどにも有利に働きますし、良い待遇で雇ってもらえる可能性もあるでしょう。

また、自分のビジネスをする時にもとても役に立ちます。

ここは、かなり重要なポイントなので少し深掘りしますね。

このブログの大きなコンセプトの1つとして、経済的成功を果たし幸せなお金持ちになると言うものがあります。

これにはざっくり分けて2つの方法があると考えます。

  • 会社で給料稼ぎ投資に回す
  • 自分でビジネスをやりお金を稼ぎ投資に回す

1つずつ簡単に解説します。

✔︎会社で給料稼ぎ投資に回す

この方法はとてもシンプルで、特に大きな才能や特殊能力がなくても誰でも挑戦できる方法だと思います。

なるべく多くの給料をもらいそれを投資に回すというわかりやすい方法です。

私の場合は転職を繰り返すと同時に、どんどん給料上げていき、圧倒的な節約をしてそれを投資に回すと言う方法で不労所得を得るまでになりました。

終身雇用が終わった今、1つの会社で長く居座るというスタンスで働いていると、将来的にかなり悲惨なことになります。

それよりもスキルアップに焦点を置いて、転職前提で働くというスタンスの方が時代に合っていると言えるでしょう。

スキルアップをすれば、おのずと自分の価値が上がりもらえる報酬も大きくなってきます。(しかも、1つの会社に依存しないので精神的な安定も得られます)

そしてそれを投資に回しさらに増殖させお金持ちになってセミリタイヤすると言う流れになります。

ちなみに、うまく転職を繰り返すには転職の知識が高くなくてはなりません。

それには日ごろから転職サイトを眺めてどんな職場があるのかをリサーチしておくことが大事です。いざ転職しようと思った時に転職の知識がないと大変なことになります。

登録も情報収集も無料でできますので、現在転職する気がないと思う準備だけはしておきましょう。

以下の国内最王手3社に登録しておけば間違いないでしょう。登録は1分ほどでおわります。


無料登録して情報収集すべき転職サイト3社


リクルートエージェント

転職業界で支援実績が最多。まずはここだけでも登録して情報収集おきましょう。(登録無料)

gifbanner.gif

doda

大手、優良企業を中心に常時豊富な求人情報を掲載。リクルートエージェントと両方登録している人が多い。(登録無料)

ビズリーチ

管理職・グローバル人材向け国内最大級の会員制転職サイト。求人の質がかなり高い。(登録無料)

※転職相談、面談は電話やオンラインで可能です。


転職スキルについてもう少し詳しく知りたい方や専門職をされているな方は転職が当たり前だった私のおすすめ転職サイトと転職エージェントを参考にしてください。

✔︎自分でビジネスをやりお金を稼ぎ投資に回す

これはお金持ちになる方法として王道と言えるでしょう。

自分のビジネスを作り大きなお金を稼ぎ並行して投資も行いお金持ちになるといった良くある通常のパターンです。

ちなみに、以前はビジネスをやるために多額の資金が必要だったりしました。

今ではYouTubeやSNSやnoteやブログなどを使ってコストをかけないでビジネスをするという方法もいっぱいありますのでかなり稼ぎやすい時代になったといえます。

また、プログラミングのスキルがあればクラウドワークスなどから仕事をもらって働くこともできます。

これらは、副業としても気軽にできます。本気でやるとかなり稼げる可能性がある分野なのです。(副業して良いかどうかは会社によって違うので、会社の規定に従いましょう。)

以上のように、お金持ちになる方法というのはざっくり分けて上記2つのような方法があります。

管理職の経験や経歴というのは両方に役に立つので、管理職をやって良かったなと思う点の1つとなります。

管理職のやりがいとは3:ストレスを解消するのが上手くなった

管理職のやりがいの1つとして、ストレスをため込まないで解消するスキルが格段に上がったということです。

管理職というポジションは、次から次へとストレスが降りかかってくるかなり過酷なポジションといえます。 

ですから、ストレス爆弾をくらうと同時に並行してどんどん解消していかなければなりません。

ここでストレスをため込んでしまっては到底長続きしないでしょう。

解消に次ぐ解消という作業をしているうちにだんだんとストレス解消のスキルに磨きがかかってきます。 

そうなると、人生が驚くことに身軽に楽になってくるのです。

このスキルを身に付けられた事はとても良かったなと今でも思っております。 

ちなみに私がやったストレス解消の方法の1つをご紹介しておきます。

管理職のやりがいとは4:高いポジションにつくことによりレベルアップする

管理職をやって良かった点の1つとして、高いポジションにつくことによりかなり人間的ににレベルアップすることができるという点です。

人の成長というのは、その人がいる環境に大きく依存する傾向にあります。

自分の能力よりも高いポジションにいるという事は、それだけでかなりのエネルギーを消費します。

そしてそれを克服した時、圧倒的にレベルアップした自分に気づくのです。

このように管理職をやることによって、強制的にレベルアップすることができるという点もやって良かったなと思えることの1つです。

管理職のやりがいとは5:人の気持ちがわかるようになった 

管理職をやって良かった点の1つとして、人の気持ちがより深くわかるようになったという点が挙げられます。

私はもともと人間関係を円滑にして、なるべく消耗することなく給料もらいたいという考えから、色々な種類の人の分析を以前から行っていました。

さらに管理職をやることによって毎日多くの人と接する機会を持ち、その分析はより精度の高いものになりました。

これによってさらに人の気持ちがわかるようになったのです。

管理職のやりがいとは6:見た目を良くできた

管理職をやって良かった点の1つとして、見た目を向上させることができたという点です。 

管理職の役割を果たすために私がやったこと【元管理職が語る戦略】でも言いましたが、私は管理職をやるにあたって自分の見た目を向上させようと努力する決意をしました。 

いろいろな人に接するにあたって、やはりみっともない体型や、だらしない身だしなみでは仕事にならないと思ったからです。 

その上で、圧倒的に努力をすることにより見た目を良くすることができたのは管理職をやって良かったなと思うことの1つです。 

見た目がきちんとしていると、仕事でもだけでなくプライベートでも得なことが多いので、管理職の人に限らずみんなが見た目を向上させる努力をすべきだと思います。

シンプルにモテたりなど色々なところで大きく得をできるかなりコストパフォーマンスの高い努力です。

関連記事【得多すぎ】外見を磨く事は最強の自己投資という話【方法6つ】も参考にしてください。

管理職のやりがいとは7:プライドが低くなった

管理職をやって良かった点の1つとして、プライドが低くなったという点が挙げられます。

以前の私は凝り固まったプライドにかなり悩まされていました。 

もっとプライドを低くできたら、人生楽になるんだろうなぁなどと考えていた位です。 

プライドというのは持っていて良い事はほとんどありません。

プライドに関しては【意外】プライドを捨てると圧倒的に得なことが多いという話に詳しくまとめたので参考にしたください。

そんなプライドを管理職という荒波に飲まれることによって徐々に洗い流していくことができたのです。

管理職の仕事をしていると、矛盾や理不尽や屈辱といったものは日常茶飯事です。

そんな中で、つまらないプライドを持っていては到底務まりません。

気がついたときにはいつしかプライドなんていうものは忘れている自分に気づきました。 

つまらないプライドを手放すことができて今はとても快適に過ごせております。

管理職のやりがいとは8:お金が貯まった

管理職をやって良かった点の1つとして、シンプルにお金が貯まったということが挙げられます。

責任や仕事量が増えかなり大変にはなりコストパフォーマンスは微妙でしたが、数字的に高い給料もらえることには違いがありません。

しかも、管理職は忙しくてあまりお金を使っている暇がありませんでした。 

もともと私は節約家だったことも相まって、かなりお金を貯めることができました。

この観点から考えると、仕事で忙しいという事はあまり良いイメージはありませんが、強制的にお金を使わない環境に追いやられるという点では良いことなのかもしれません。

この管理職をやっている期間は特にお金を貯めることができました。



広告

dodaに無料登録して情報を得る


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA