女性社員を上手くマネジメントする方法【男性上司、管理職の方必見】


この記事は以下のような方のために書きます。
  • 男性の上司で女性社員のマネジメントが苦手な方
  • 男性の上司で女性社員は扱いづらいと誤解している方
  • 管理職などをやっていて、女性社員と上手くコミュニケーションが取れない方


✔︎この記事を読むメリット

  • 女性社員のマネジメント方法がわかる。
  • 女性社員とのコミュニケーション方法がわかる。
  • 男性上司としてすべき事がわかる。
  • 男性上司として知っておくべき事がわかる。


この記事を書いている私は、何度も転職を繰り返し女性が多い職場でも上司として働いた事があります。


上手くマネジメントをしてかなりの成果を出せました。


実績としては何年間も継続して最低でも年収1000万以上稼ぐ事ができました。今は不労所得もあります。


それではスタートします。5分ほどで読めますので職場での実践的なノウハウを学んで本業で大きく稼ぎましょう。


女性社員を上手くマネジメントする方法


結論、女性は優秀な人が多いです。


上手くマネジメントするスキルがあれば、かなり仕事の成果を出してくれるので、上司や管理職の方はかなり有利です。


また、関連記事:女性社員への上手な接し方【そもそも人間関係が苦手な人への対策も】も合わせて参考にしてください。理解がより深まります。


女性社員をマネジメントする方法1:論破してはだめ


男性の上司が行う女性社員のマネジメント方法の1つとしては、会話の時に相手を論破してはいけないという点が挙げられます。


女性社員と仕事について議論になった時や、若干討論ぽくなったときなどに、理論でねじ伏せて論破しようとする男性上司といつのは多いものです。


しかし、これは絶対にやってはいけません。


その理論がまっとうなもので、自分が正しかったとしても、論破する事はNGなのです。


女性をうまくマネジメントして気持ちよく働いてもらうには正しいとか正しくないとかいうことはほとんど関係ないと思ってください。


あなたが正しいからといって論破したとしても、その女性社員は一気にモチベーションが下がり、その後成果をあげられなくなってしまうでしょう。


それどころか、反撃にあってしまう可能性もあるので充分注意してください。


女性社員をマネジメントする方法2:本気で怒ったらだめ


男性の上司が行う女性社員のマネジメント方法の1つとしては、本気で怒ってはダメと言うことです。


多少注意したり叱ったりするのは仕事上当然あることですし、間違っているときはやらなければなりません。


しかし、たまに本気で声を荒らげて激怒するような上司がいますがこれは絶対にやめましょう。


それをやると普通に怖いと思われてひかれてしまうだけで、仕事上何のメリットもありません。


何か指摘したいことがあるときは、冷静に的確にわかりやすく伝えましょう。


女性社員をマネジメントする方法3:とにかく話を聞いてあげる


男性の上司が行う女性社員のマネジメント方法の1つとしては、とにかく話をゆっくりと聞いてあげるという点が挙げられます。


例えば、女性社員が仕事で困っているところや、悩みなどを相談に来たとします。


そんな時はとにかく聞き役に徹して、気が済むまで話を聞いてあげましょう。


そういう時は答えが欲しいわけではなく聞いて欲しいだけということが多いのです。


せっかちな男性上司などは、


何が言いたいんだ?早く言いなさい


みたいなオーラを出して、すぐに回答出そうとしますが、それは逆効果なのでやめましょう。


回答は要らないのでとにかく話を聞いてあげるべきなのです。


女性社員をマネジメントする方法4:認めているという事を前提でアドバイス


男性の上司が行う女性社員のマネジメント方法の1つとしては、能力を認めていることを前提でアドバイスをするということです。


何も評価されていない上司からアドバイスをされたとしても全く響きませんし、右から左に流されてしまうでしょう。


まずはその人を認めているという気持ちを全力で示しましょう。


そうすると、相手は自己重要感が高まりあなたのアドバイスを聞く準備ができるでしょう。


この状態になるまでは、アドバイスをするのはやめておいたほうが無難でしょう。


認めている事を前提でアドバイスする事が重要なのです。


女性社員をマネジメントする方法5:職場での居場所を与えてあげる


男性の上司が行う女性社員のマネジメント方法の1つとしては、職場での何らかの居場所を作ってあげるという点が挙げられます。


人は職場での居場所があれば安心するし仕事のやる気も一気に上がるものです。


居場所を作るといっても、そんなに難しく考えなくて大丈夫です。


まずは、各女性社員の他の人よりも能力の高いところを見つけてあげましょう。


そして、


あなたはここの能力がとても優れているのでこの仕事をお願いします


とか


この能力部門はあなたが1番なのでみんなにいろいろ教えてあげてください


などと任せるだけでも、自分の居場所ができたと感じてもらえるでしょう。


これを行うとその女性社員は、


  1. モチベーションが上がる
  2. シンプルに仕事の成果も出る
  3. 自己重要感が高まることにもつながる


となりあなたのアドバイスも響きやすくなるという利点があります。


このような理由により、居場所を作ってあげる事は女性社員のマネジメント方法の1つとしてとても重要なのです。


女性社員をマネジメントする方法6:自分の信念をはっきり理解してもらう


男性の上司が行う女性社員のマネジメント方法の1つとしては、仕事における自分の信念をはっきりと伝えておくということがあります。


女性社員とコミニケーションをとることが上手くできていない男性上司というのは、意外とこれができていません。


あなたが仕事において何を大事にしていて優先順位は何なのかなどの信念的なものが伝わっていないと、仕事においてなかなか波長を合わせる事はできません。


最初にあなたの仕事において大事にしている事の上から3つ位をきちんと伝えておきましょう。


例えば、


  • 顧客の満足
  • 売り上げの安定
  • リスクの回避


などです。


基本的なことですが、きちんと信念が伝わっていれば日頃の細かいコミニケーションもとても円滑に進むのです。


よって、自分の信念をはっきり理解してもらうことはとても重要です。


女性社員をマネジメントする方法7:寒いギャグを言わない 


男性の上司が行う女性社員のマネジメント方法の1つとしては、寒いギャグを言わないという点が挙げられます。


場の空気を和ませようとしたり、盛り上げようとしたり、気を使ったりして、結構寒いギャグをかます上司がいますがこれはやめておきましょう。


自分ではウケていると思っていても、たいていは滑っているということがほとんどです。


あなたも上司のギャグで本気で笑ったことなどあまりないでしょう。


たいていは愛想笑いをさせて相手を消耗させるという悲しい結果になるだけなので、寒いギャグを言うのは極力控えましょう。


女性社員をマネジメントする方法8:他の社員の悪口を言わない


男性の上司が行う女性社員のマネジメント方法の1つとしては、他の社員の悪口を言わないということが挙げられます。


他人の悪口を言う人はシンプルに信用されませんし、自分も影で言われているんじゃないかと思われ警戒されてしまいます。


それに女性は悪口ばかり言っている男性を基本的には好みません。


マネジメントにも悪影響及ぼすので他の社員の悪口を言うのはやめましょう。


関連記事:信用できない人を見極めよ【人間関係を攻略し成功を目指せ】


女性社員をマネジメントする方法9:悪口を言われても反応してはいけない


男性の上司が行う女性社員のマネジメント方法の1つとしては、悪口を言われても反応してはいけないという点が挙げられます。


何かの拍子に陰口を言われているのを聞いてしまう事ってありますよね?


そんな時にショックを受けたり、落ち込んだり、怒りをあらわにしたりと反応してはなりません。


そんなに器が小さい男では上司は務まりません。


それに男性の上司というのは多かれ少なかれ必ず影で部下の女性社員に悪口を言われているものです。


悪口を言われるのは当たり前だと思って、あまり気にしないでいつも通りに仕事をしましょう。


その心の広さや動じない姿勢が周りからの尊敬や信頼につながることもあり、より一層マネージメントしやすくなるでしょう。


しかし例えば、その悪口が努力で治せる見た目だったり、臭い、身だしなみだったりする場合は、素直に受け止めて改善する努力をした方が自分のレベルアップにとっても良いでしょう。


特にワキガなどの強烈な体臭がある人は本当に注意してください。


ワキガの人はほぼ確実に嫌われます。これだけは例外は無いと言っても良いでしょう。


少しでも思い当たる節のある人はまずは経験豊富なワキガ治療のクリニック、ゴリラクリニックの無料カウンセリングだけでも受けてみましょう。


ワキガの人はそれを治すだけで、急に人生が急上昇する人もいます。それだけ普段から大損していると思ってください。


今のワキガ治療は切ったりしませんし、安全で簡単です。


>> ゴリラクリニックの無料カウンセリング相談をする


関連記事【得多すぎ】外見を磨く事は最強の自己投資という話【方法6つ】も参考にしてください。


女性社員をマネジメントする方法10:女性社員の教育は女性社員に


男性の上司が行う女性社員のマネジメント方法の1つとしては、女性社員の教育は女性社員に任せるという点が挙げられます。


信頼できるベテランの女性社員などがいる場合は、他の女性社員の教育を全て一任してしまうというのも1つの手法です。


やはり女性の事は女性が1番よくわかっていますし、コミニケーションもうまいのが普通でしょう。


自分よりも上手い人がいるならば、無理して自分が出ていく幕ではありません。


仕事で1番大事なのは結果を出すことです。


無理して全て自分がやることではありません。


適任の人がいるようならば女性社員の教育は女性社員に任せるのも1つの選択肢です。


女性社員をマネジメントする方法11:圧倒的実力で引っ張っていく


男性の上司が行う女性社員のマネジメント方法の1つとしては、言葉よりも圧倒的な実力で引っ張っていくという点が挙げられます。


これは女性社員の部下に限らず男性社員の部下でもそうですが、その上司自体に仕事の実力があることが1番部下たちがついてきてくれる理由になります。


本物の実力というのは言葉を圧倒的に超越します。


管理職の部下のマネジメント方法について書かれた記事でも話しましたが、部下を引っ張っていくには、自分も圧倒的に努力して圧倒的な実力を付けていることが1番なのです。


特に女性はこういうところを見抜く感性にたけているので、あなたが本当に実力のある上司ならば、多少コミニケーション能力が低くてもついてきてくれると言えるでしょう。


女性社員をマネジメントする方法12:社内恋愛は絶対しないこと


男性の上司が女性社員をマネジメントする上での注意点として、絶対に社内恋愛はしてはいけないと言うことです。


以前の記事で社内恋愛はハイリスクといいましたが、社内恋愛は大抵が周囲にばれてしまいますし、最後は悲惨な結末になることがほとんどです。


もし社内恋愛に手を出して、周りに知られてしまったら、女性社員のマネジメントどころではありません。


その後に統率を取るのはほぼ不可能と言ってよくなるでしょう。


よって、社内恋愛に手を出すのは絶対にお勧めしません。


どうしても恋愛をしたい場合は外見を高める努力と自己投資をしてプライベートときちんと分けてやることをお勧めします。


関連記事【得多すぎ】外見を磨く事は最強の自己投資という話【方法6つ】も参考にしてください。


女性社員をマネジメントする方法13:こびないようにする


男性の上司が女性社員をマネジメントする上での注意点として、こびないようにするという点が挙げられます。


たまに女性社員に変に媚びへつらってしまう男性上司がいますが、これだと舐められてしまい仕事にならなく、マネージメントどころではないので注意しましょう。


だからといって偉そうにしてもダメです。誰に対しても毅然とした態度で堂々としていればいいのです。


女性社員をうまくマネジメントしたいならばくれぐれも媚びないようにしてください。


女性社員をマネジメントする方法14:男性よりも活躍する


男性の上司が行う女性社員のマネジメント方法の1つとしては、うまくマネジメントすれば男性社員よりも活躍するということを知ると言う点が挙げられます。


女性社員というのは、一般論として男性社員よりもどうしても体力はありませんが知性や頭の回転は男性社員よりも優れているような印象があります。


きちんとマネジメントすることができれば圧倒的な戦力となり活躍してくれる可能性が大きいのです。


このことを知り上司自体も女性社員をうまくマネジメントすると言うモチベーションを上げていきましょう。


女性社員をマネジメントする方法15:余計な話はしない


男性の上司が行う女性社員のマネジメント方法の1つとしては、会話は仕事の話だけに徹するべきという点が挙げられます。


女性社員とのコミニケーションが苦手な男性上司ほど、気の利いた話をしなきゃとかがんばってしまったりしますが、そんな必要はありません。


妙な話はしないで仕事の話だけをきちんとしてた方が、コミニケーション能力が高い人だと思われます。


この上司は完璧に仕事に徹していると高い評価を得ることができることもあります。


余計な話はしないでので、仕事の話だけをきちんとしましょう。


女性社員をマネジメントする方法16:プライドを傷つけない


男性の上司が行う女性社員のマネジメント方法の1つとしては、プライドを傷つけないようにするという点が挙げられます。


良い悪いは別として人は誰しもプライドを持って生きています。


プライドを傷つけられると、シンプルにショックを受けますし仕事のモチベーションも下がります。


プライドを傷つけるような発言は極力しないように注意しましょう。


先ほど説明したようにきちんとした仕事の話に徹していれば、そのような発言が出る事はあまりないと思いますのでそのことも意識していきましょう。


ちなみに、プライドというのはほとんどの人が持っていますが、ほとんど得なことがないので可能な限りプライドを低くしていくという生き方の方がおすすめです。


プライドに関しては【意外】プライドを捨てると圧倒的に得なことが多いという話に詳しくまとめたので参考にしたください。


今回ははここまでにします。


✔︎本記事と合わせて読みたい記事のまとめ

女性社員への上手な接し方【そもそも人間関係が苦手な人への対策も】 社内恋愛はリスクが高すぎる理由8つ【要注意】 社内恋愛で結婚は難しいのはなぜか?【明確な理由7つを徹底解説】 社内恋愛を徹底分析してみた【基本的にネガティブな事が多い】 プライドを捨てるとメリットが多いという話【意外】 【得多すぎ】外見を磨く事は最強の自己投資という話【方法6つ】 管理職の役割を果たすために私がやったこと【元管理職が語る戦略】 管理職として部下のモチベーションをどう上げるのか?【結果が出る】 管理職の役割に必要な能力とは?【けっこう大変】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA