商品の売り方を徹底解説【セールススキルを極めよ】


この記事は以下のような疑問を持った方の為に書きます。

営業マンをやっていて商品を売っているんですけど、いまいち結果が出ないです。商品の売り方のコツみたいなものはあるのでしょうか?

セールススキルを向上させたいです。何をしたら良いでしょうか?


✔︎この記事を読むメリット

  • 商品の売り方のコツがよく理解できます。
  • 会社での営業成績が上がる。
  • セールススキルが向上する。


この記事を書いている私は、会社員を長く経験し色々な分野を経験しましたが、営業をやっていた時期もあります。


その時はトップの営業成績を出していました。


実績としては会社員の給料と副業収入で何年間も継続して最低でも年収1000万以上稼ぎ続けました。今は不労所得もあります。


ではスタートします。


商品の売り方を徹底解説


商品の売り方を学びそれを極める事は今の時代にかなりマッチした行動といえます。


セールススキルが飛躍的に向上してどんなものでも売れるようになれば、あなたは圧倒的に市場価値を上げることになります。


いつ、どこでも、どんな状況でも莫大にお金を稼げる希少性の高い人になることができるでしょう。


今の時代に絶対に学んでおいた方が良いスキルとしては以下の3つが挙げられます。


  1. マーケティングスキル
  2. プログラミングスキル
  3. セールススキル(コミュ力)


この3つを極めれば今の時代ほぼ無敵と言って良いでしょう。


また、シンプルにお金も圧倒的に稼ぐことができます。


セールススキル(コミュ力)を給料をもらいたながら実践で向上させてみたいという人は、営業の仕事に転職するのは1つの優れた点選択肢です。


とりあえず以下の国内最大手の転職サイトで情報収集だけはしておきましょう。お宝求人はいつ流れてくるかわかりません。


登録(1分ほどで終わります)も情報収集も無料でできます。


無料登録して情報収集すべき転職サイト3社

リクルートエージェント

転職業界で支援実績が最多。まずはここだけでも登録して情報収集おきましょう。(登録無料)

doda

大手、優良企業を中心に常時豊富な求人情報を掲載。リクルートエージェントと両方登録している人が多い。(登録無料)

ビズリーチ
管理職・グローバル人材向け国内最大級の会員制転職サイト。求人の質がかなり高い。(登録無料)

※転職相談、面談は電話やオンラインで可能です。


転職スキルについてもう少し詳しく知りたい方や専門職をされているな方は転職が当たり前だった私のおすすめ転職サイトと転職エージェントを参考にしてください。


また、おまけとして2番目のプログラミングスキルの効率の良い習得方法をお教えしておきます。


プログラミングスキルはその3つのスキルの中でも特に重要です。シンプルにかなり稼げます。


結論から言うと、転職をサポートしてくれるプログラミングスクールに通って最速でエンジニアに転職してしまうのが最もコスパが高いといえます。


今なら転職できないか場合は全額返金のシステムもあります。


プログラミングスキルを習得しエンジニアになって稼げばスクール代なんてすぐに回収できますよ。


少しでも興味がある人はまずは無料カウンセリングだけでも受けてみましょう。こちらも登録は1分ほどで終わります。


少しの行動力で人生が一気に開きます。


✔︎未経験からエンジニア転職するなら以下のテックエキスパートがおすすめです。

テックキャンプ エンジニア転職(テックエキスパート) :オンライン無料カウンセリングあり。転職できなければ全額返金。(オンライン完結)

テックキャンプ プログラミング教養: 無料プログラミング体験会あり。(オンライン学習相談あり)

テックアカデミー: オンライン無料体験あり。(オンライン完結)



※無料カウンセリングや体験はいつまで続くかわかりませんのでお早めにどうぞ。

※オンライン無料カウンセリングや体験での費用は一切かかりません。


プログラミングについて詳しく知りたい方は【無料あり】プログラミングスクールおすすめ3選【30代以上OK】も参考にしてください。


ここまでで、今の時代に絶対につけるべきスキルを獲得する準備ができたら次にいきましょう。


5分くらいで簡単に読めますので、圧倒的に稼げる実践的な知識をつけておきましょう。


商品の売り方のコツ5つ


結論から言うと、商品を売るには信用を獲得する事が一番大切です。


商品の売り方のコツ1:商品


まずは商品について勉強しまくりましょう。生半可な知識ではダメです。その商品のオタクになってください。


最近はインターネットの発達により、消費者も商品について詳しく調べてきたりします。


中途半端な知識だと消費者から来る質問に対応できません。


専門家ならではの深く詳しい知識をつけておきましょう。


使用者からの質問にスラスラと答えられないと当然商品は売れません。


具体的には以下の点は最低限押さえましょう。


商品ができた経緯、歴史


商品の利点


商品の欠点


商品の使い方


1つずつ簡単に解説します。


商品ができた経緯、歴史


  • いつ
  • どこで
  • どのように
  • どうして


商品が開発されたのか、詳しく知っておきましょう。


後で詳しく解説しますが、商品を売るときはその商品のストーリーを詳しく説明できないとなりません。


消費者はそのストーリーも込みで商品のを購入しようと決めるのです。とにかく徹底的に調べて詳しくなりましょう。


ネットでてくる知識以上のものを知っていないと消費者に説明する資格はありません。


商品の利点


商品の利点は売る上での最大の武器になります。戦いで言ったら攻撃に分類されますね。どんな利点があるのかを覚えましょう。


細かい事でも良いので出来るだけ列挙してください。どれが消費者の心に刺さるかはわかりません。


自分では大した事ないと思うようなことでもきちんと忘れずに列挙しておきましょう。


利点を列挙したらそれをどのように説明したら消費者にわかりやすいか、納得してもらえるかなどを考えてセールストークをかんがえてください。


同じ材料でも順番や強調する内容によって全然説得力が違ったりします。


きちんと構成を練り上げて誰にでも評価を得る事が出来るような説明を作り上げましょう。


また、出来上がった説明は消費者の反応を見て日々アップデートしていってください。


順番はこっちを先にした方が良いかも


この説明はいらないかも


これを言い忘れてた


など色々と日々変わってくると思います。


また、使用者の


  • 年齢
  • 性別
  • 性格


などによっても反応が全然違ってきたりします。


そのようなデータをきちんと取って、自分なりの完成度の高いセールストークを複数完成させましょう。


1通りだけでなくて、相手によって使い分けられるように何通りか用意しておきましょう。


セールストークはすぐには完成しません。このように日々アップデートして徐々にに完成していくものなのです。


商品の欠点


商品の利点は当たり前ですが、欠点も知っておかなければなりません。欠点がない商品はありません。


どんなに良い商品でも多少なりとも悪いところ欠点あるものです。よく欠点は説明しないという営業マンがいますがあまりおすすめしません。


先ほども言いましたが、昨今は消費者もインターネットなどで調べて知識をつけてくる事が多いので欠点等も知っていたりします。


消費者も欠点がある事はわかっているし、利点があれば欠点があるのは当たり前のことです。普通の常識のある人ならわかるでしょう。


そのような背景の中で、欠点を説明しないというのは逆に信頼を失うことになります。


利点ばっかり、がっつり説明して欠点はありませんではなんとなく疑わしいしですよね。


消費者が購入を辞める気にならない程度には欠点も正直に説明しましょう。


それが長期的に消費者の為にもなりますし、長く信頼関係を保つ秘訣です。売ったら終わりという戦略では長続きしません。


商品の使い方、アフターサービスについて


当たり前ですが、商品の使い方も詳しく勉強しておきましょう。


色々な質問をしてくる人もいますので、全て答えられるようにしておきましょう。


これについては、後ほど詳しく解説します。


商品の売り方のコツ2:売ろうとしない


営業で商品を売りたいならば、売ろうとしてはいけません。


あくまで、消費者のために商品の特徴をきちんと正確に説明して、あとは消費者に決めてもらうという姿勢が大事です。


よく売る為のトークを色々と考えて消費者に買わせるみたいな営業をしている人がいますが、これはお勧めできません。


あくまで私たちは商品の特徴を説明して選択肢の1つとして検討してもらうだけです。


そもそもそれ以上はできないし、無理矢理買ってもらおうとすると押し売りとなり信頼を大きく失います。


押し売りとなると後でトラブルやクレームの原因となるので注意しましょう。


使用者の商品の購入はいつでも受動的ではなく能動的ではないといけません。

能動的→自分で決めて買ったと思っている


受動的→相手に買わされたと思っている


能動的であれば完全に納得している状態なので、これからも信頼関係が続き顧客として長い付き合いができるでしょう。


受動的であれば、商品のを購入してもらったときてもどこか疑問が残ったりします。


これだと長期的な信頼関係は結べませんし、何かあった時に大きなクレームとなる可能性があります。


ですから、消費者に商品を購入してもらうときは必ず能動的、つまり自分の意思で買ったと思ってもらわないとダメなのです。


それには、商品を売ろうとしないで、あくまで選択肢を提示するという姿勢が必要です。


この姿勢が消費者の能動的な商品の購入につながり、かつ信頼を獲得でき消費者と良い関係を長期で保てる秘訣なのです。


また売ろうとしないという姿勢の方が、消費者は商品を購入してから安いですよ。


売ろう売ろうと必死になって、ベラベラ喋ったり、焦ったりと、とにかく売りたいという気持ちが消費者に伝わるとどんどん離れていってしまいます。


あくまでこちらの都合ではなく、消費者のためを思って説明していると成約率は跳ね上がります。


商品の売り方のコツ3:ストーリー


商品の説明をするときはストーリーになってないといけません。


使用者は商品と同時にストーリーを買っているからなのです。


ストーリーにするとはどういう事でしょうか。


例えば、わかりやすい例としてラーメンを売るとします。


このラーメンは美味しいラーメンなので買ってください。


では売れませんよね。


自分が売りたいラーメンにどのようなストーリーがあるのかを語るのです。


麺について


麺は自家製麺で自分の店で手作りです。


小麦は厳選した熊本産を使用しています。


麺が出来上がったら2、3日寝かせて熟成させます。


これはラーメンの麺のストーリーです。このようなストーリーを語られると、なんとなく食べたくなってきませんか。


美味しいラーメンですと言われても食べようとは思いませんが、詳しくストーリーを語られると食べてみようと思ってきます。


そう、このように消費者は商品と共にストーリーを購入しているのです。商品とストーリーにお金を払おうと思うのです。


自分が売ろうとしている商品のストーリーを調べてください。そしてそれを消費者がわかりやすいように説明できるスキルを身につけましょう。


そうすればおのずと購入率は上がっていくはずです。


商品の売り方のコツ4:ライバル


商品を多く売りたいなら、目の前にいないライバルの存在を意識しなければなりません。


高い商品を売っている方は特にですが、消費者はたいてい他の会社の商品も見に行ったり説明を受けていたりします。


それを前提にこちらも商品の説明しなければなりません。他の説明を受けている事は言わない人も多くいます。


例えば


他者の商品に自社の商品より安い商品がある→安ければ良いというわけではない


他者の商品に自社の商品より優れているところがある→自社の商品の優れているとこを強調


などの他者の説明に対する対策を盛り込みましよう。見えないライバルと戦うのです。


消費者が他の会社の商品説明を受けている事前提でこちらもそれに対抗した説明をするのです。


もちろんここでも焦って売ろうとするわけではなく、あくまで商品の等身大の特徴を説明して、選択肢の1つとして考えていただくスタンスは崩さないようにしましょう。


このように目の前にいない、ライバルを想定してこちらの商品説明をしなければなりません。消費者に聞かれなくても説明の一部分として取り込みましょう。


もちろんその為には他者の商品にも詳しくなる必要があります。自社商品と同じくらいよく調べて詳しくなりましょう。


ここで注意点が一点、他社の商品にどんなに詳しくなっても、それを否定したり批判するのはやめましょう。こちらの印象が悪くなるだけで信用も失います。


あくまで中立な立場で、説明し信用を獲得しましょう。営業は信用が全てです。


商品の売り方のコツ5:アフターサービス


商品購入後のアフターサービスの説明についても力を入れましょう。消費者は購入後もその商品と長くお付き合いすることになります。


商品を売る営業マン以上にこれから先の事を心配しています。


売ったら終わりみたいな態度や説明をしていると商品は絶対に売れません。


商品購入後の説明にかなりの力を入れてください。保証期間がどうなのかとか、不具合が起こったらどうなるのとか、、


消費者は未来のことをかなり心配しています。質問も積極的に聞いてあげてきちんと答えてあげましょう。


ポイントが1つ、消費者は購入後のことをかなり心配しているので、必ず説明していると最後に聞いてきます。


消費者が効いてくる前にこちらから説明を開始しましょう。


その姿勢がまた信用を一段とあげます。


この会社は物を売って終わりではないんだな、先の事も考えてくれているんだな


そう思ってもらえるでしょう。


商品の売り方を考えるのは面白い


長年会社員をやり、色々な仕事を経験しましたが、営業はかなり勉強になったし、面白かった印象があります。


何より物を売るというスキルがつきました。これは後の人生で思いのほか役に立ちました。


終身雇用が終わり一社に一生いる時代は終わりました。


一社に長く居座るより、色々な業種に転職して、多くの経験をする事の方が大切だと思います。


その方が、将来の自分の資産になるし価値が高い人材になれます。


最初にも言いましたが、転職するなら特に以下の3分野に関する職業がおすすめです。安定して稼げます。


  1. マーケティングスキル
  2. プログラミングスキル
  3. セールススキル(コミュ力)


転職をお考えの方は以下に国内最大手の転職サイトを紹介しておきます。


無料登録して情報収集すべき転職サイト3社

リクルートエージェント

転職業界で支援実績が最多。まずはここだけでも登録して情報収集おきましょう。(登録無料)

doda

大手、優良企業を中心に常時豊富な求人情報を掲載。リクルートエージェントと両方登録している人が多い。(登録無料)

ビズリーチ
管理職・グローバル人材向け国内最大級の会員制転職サイト。求人の質がかなり高い。(登録無料)

※転職相談、面談は電話やオンラインで可能です。


✔︎未経験からエンジニア転職するなら以下のテックエキスパートがおすすめです。

テックキャンプ エンジニア転職(テックエキスパート) :オンライン無料カウンセリングあり。転職できなければ全額返金。(オンライン完結)

テックキャンプ プログラミング教養: 無料プログラミング体験会あり。(オンライン学習相談あり)

テックアカデミー: オンライン無料体験あり。(オンライン完結)



※無料カウンセリングや体験はいつまで続くかわかりませんのでお早めにどうぞ。

※オンライン無料カウンセリングや体験での費用は一切かかりません。


✔︎本記事と合わせて読みたい記事のまとめ

【無料あり】プログラミングスクールおすすめ3選【30代以上OK】 転職が当たり前だった私のおすすめ転職サイトと転職エージェント 転職を繰り返した結果、後々良かったと感じた話【成功体験】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA