職場のストレスの原因と対策18選【ストレスで爆発しないために】


私は、長い職場生活のなかで、それなりにストレスに耐えてきました。


他社の経験も加え、職場でのストレスの原因と対策を総合的に分析してまとめました。


この記事は以下のような方のために書きます。
  • 職場のストレスに押しつぶされそうな方。
  • 職場のストレスの原因と対策を知りたい方。


この記事を読むことで期待される効果

  • 職場のストレスとそれに対する対策がよくわかり、ストレスを回避しやすくなります。
  • 原因がわかることで、気持ちが楽になる。


それでは記事を書いていきます。


🌟職場のストレスの原因と対策


結論、職場でのストレスには原因とその対策があります。


ストレスから上手く逃れるようにして、自分を大切にしましょう。


🌟職場のストレスの原因と対策1:スキルや知識がついてない


仕事をしていて、何のスキルも知識ついていないと日々のストレスの原因となります。


人は新しいことを学んだりできるようになったときに幸せを感じることができます。


日々の仕事でスキルや知識がつかずに、全く成長している自分を感じることができなければ、ストレスが溜まっていく原因になるでしょう。


もしそのような状態にいる場合は、あまり今の仕事を続けていても自分の市場価値が上がっていかない可能性があります。


そうなると、今後給料を上げていくのもかなり難しくなるし、時間の無駄になってしまう可能性があるので、


転職をして新しいスキルや知識を身につけるというのも1つの選択肢かもしれません。


今の時代は1つの会社にこだわって居座り続けるというよりは、


転職を何回してもいいからどんどん自分のスキルを上げていくというような考え方で働いた方が将来有望と考えられます。


そもそも終身雇用もないし1つの会社でずっと働くことが不可能です。


それならば、こちらから動き回って自分の価値をどんどん上げていくという戦略を取った方が賢いと言えるでしょう。


これについて詳しく書かれた以下の関連記事も参考にしてください。


転職を繰り返した結果、後々良かったと感じた話【成功体験】


🌟職場のストレスの原因と対策2:異動


職場でのストレスの原因として異動があります。


異動のストレスとしては、大きく分けて以下の2つが挙げられます。

  1. 異動させられるかもというストレス
  2. すでに異動した後のストレス


ということが考えられます。


1つずつ簡単に解説します。


異動させられるかもというストレス


頻繁に異動が行われる職場で多いのがこのストレスです。


他の人が異動させられているのを見て、自分もいつ異動させられるか分からないと言う恐怖から発生するストレスです。


ときには上司から異動をほのめかすような言葉を言われることもあります。


そういった背景からかなりのストレスを感じることがあるでしょう。


すでに異動した後のストレス


異動した後は、職場環境に慣れていないのでかなりのストレスが発生します。


特に人間関係に慣れるまでは相当疲れる可能性があります。また1から構築していかなければならず、かなりのストレスの原因となるでしょう。


基本的に異動というのは、現在の職場での活躍振りがイマイチな人が任命される可能性が高いので、


どうしても異動したくないという人は現在の職場にマッチできるように努力しましょう。


また、異動を命じられてしまっても、とりあえず断ってみるということもしてみましょう。場合によっては通ることもあります。


🌟職場のストレスの原因と対策3:能力が1番低い


職場の中でもしあなたが1番能力が低い状態である場合は、過度なストレスを感じるでしょう。


経験がある方はよくわかると思いますが、どんな分野でもその集団の中で1番能力が低いという事は結構辛い状況です。


職場で1番能力が低いと、何かとターゲットにされたり、問題が起きたときにその責任を丸投げされたりする可能性があります。


対策としては、1番能力が低い状態からはなるべく早く脱却しましょう。


セコイ考えかもしれませんが、少なくとも2番目に仕事ができないという状態を目指しましょう。


1番と2番では天と地ほどの扱いが違います。のしかかるストレスも全然違ってくるでしょう。


🌟職場のストレスの原因と対策4:うるさい人


周りにうるさい人がいる場合は、けっこうなストレスになる可能性があります。


ベラベラ喋ったり、鼻歌を歌ったり、ぶつぶつと独り言を言ったり、


そういう人が周りにいると仕事に集中できないしかなりのストレスが溜まります。


対策としては以下の4点が考えられます。


  1. 本人に言う
  2. 上司に言う
  3. 耳栓をつける
  4. 一時的に自分もうるさくしてみる


1つずつ簡単に解説します。


本人に言う


本人に言えそうな場合は、喧嘩にならない程度にやんわりと本人に伝えましょう。


にこやかに優しく言えばそれだけでわかってくれる可能性もあるでしょう。


上司に言う


本人には言いづらいという場合は、上司に言いましょう。


仕事の成果に支障が出るならば、上司も動いてくれる可能性はあるでしょう。


耳栓をつける


職場的にオッケーならば、耳栓をつけましょう。


耳栓は雑音とかも入ってこなくなりかなり集中力が増すので仕事に集中できるようになります。


もしつけていいか微妙な場合は、仕事に集中できる旨を話し上司に許可をもらいましょう。


一時的に自分もうるさくしてみる


うるさくしている人というのは、自分がうるさいと思われているということに気づいてないことがほとんどです。


一時的に自分も独り言を言ったりうるさくしてみて、自分がやっている迷惑行為に気づいてもらうと言う手もあります。


もし相手が、うるさいなどと注意してきてくれれば、ラッキーです。あなたもうるさい事を伝えて2人で静かにしましょう。


🌟職場のストレスの原因と対策5:仕事量が多い


自分の能力以上の仕事量をまかせられていると、ストレスを感じる原因になります。


残業や休日出勤等が出てきてしまうとプライベートもおろそかになりさらにストレスが爆発することになるでしょう。


対策としては以下が考えられます。


  1. 自分の能力を上げる
  2. 忙しいアピール
  3. 上司に頼む


1つずつ簡単に解説します。


自分の能力を上げる


努力して自分の能力値を上げて、仕事の速度を上げるという方法があります。


そうすれば仕事量が多くても時間内に終わることができるでしょう。


この方法ができれば会社での評価も上がる可能性があります。


ただし、それ相応の努力が必要になります。しかしながら1番大道な方法です。


忙しいアピール


周囲に自分はとても忙しいというアピールをして気づいてもらうという手もあります。


仕事量が多くてピンチだといつSOSを出すようなイメージです。


うまくいけば手伝ってもらえるか少なくともこれ以上仕事を増やされる事はないでしょう。


上司に頼む


シンプルに上司に頼むという手もあります。


上司に残業や土日出勤にもつながってしまうことやとにかくストレスが溜まって辛いと言うことを正直に話しましょう。


コンプライアンスも厳しく人不足の時代ですから、まともな上司ならばわかってくれる可能性は高いです。


🌟職場のストレスの原因と対策6:社長に嫌われている


社長に嫌われてる社員は、ストレスが溜まります。


たまになんでかよくわからないが社長に嫌われているという社員がいます。


社長に嫌われていると他の人間関係をどんなに良くしてもその会社にはいづらくなり、ストレスが多く溜まるでしょう。


会社を経営したことがない1社員にとっては社長の気持ちというのはなかなか理解できないものです。


以下の社長に好かれる方法についてまとめた記事も参考にしてください。


社長に気に入られる社員の特徴9つ【転職も選択肢の1つ】


🌟職場のストレスの原因と対策7:お局がいる


職場にお局がいる場合もかなりのストレスの原因になるでしょう。


お局というのは無差別に人を攻撃したり仕事の邪魔をしたりする性質を持っています。


もしあなたがそのターゲットになってしまえば毎日ストレスに苦しめられることになるでしょう。 


まずはお局の特徴をよく理解し、なるべく距離を置くように心がけましょう。


以下のために記事を参考にしてください。


お局様の特徴ってどんな感じ?【経済的成功のための処世術】


🌟職場のストレスの原因と対策8:勉強してない


仕事の勉強していない人は職場でストレスが溜まりやすいです。


勉強していない人は仕事で何かと壁にぶつかりよく仕事の内容がわからないと言う事態になりがちです。


人間はわからないということに対してストレスを抱くようにできています。


そんな人はシンプルにもう少し勉強して、仕事でわからないと思う事態をなるべく減らすようにしましょう。


🌟職場のストレスの原因と対策9:プライベートがうまくいってない


プライベートがうまくいっていないと、そのことが気になってしまい、


職場のちょっとしたことでもストレスを感じるようになってしまいます。


そうすると仕事もうまくいきづらくなります。


対策としては、


働いて給料をもらっているおかげで生活が成り立っているんだと言うことを思い出し、感謝の気持ちを爆発させて仕事に集中しましょう。


🌟職場のストレスの原因と対策10:他の人より学歴がおとる


意外とあるケースですが、会社の他の人たちよりも自分だけ学歴が劣っている状態にある時はストレスを感じることがあります。


学歴が高い人たちというのはそれ相応のプライドと仲間意識がありそういう人たちのみでつるも落としたりします。


そんな中で例えばあなたがその人たちよりも学歴が低い場合、1種の仲間外れのような雰囲気になってしまったりすることがあります。


その場合、かなりストレスの原因になると言って良いでしょう。


学歴を変える事はできないので、あまりひどい場合は環境を変えるか、がんばって仕事の実力でリードできるようにしましょう。


以下に学歴の高い人の特徴についてまとめた記事を用意しておきます。


関連記事:学歴が高い人の特徴👍


🌟職場のストレスの原因と対策11:社内恋愛に手を出して失敗した


社内恋愛に手を出してしまって失敗してしまった人は、かなりその職場にいづらくなりストレスが溜まる原因になります。


社内恋愛は長期的にはほとんど失敗すると言っても過言ではありません。


失敗した人はとても会社にいずらくなる、場合によっては会社を去らなくてはならない事態になることがけっこうありますので注意しましょう。


くれぐれも恋愛はプライベートで行うようにするべきでしょう。


以下の社内恋愛についての関連記事も参考にしてください。



🌟職場のストレスの原因と対策12:異性に嫌われてる


職場で異性に嫌われていると、結構なストレス原因となります。


冷たい態度を取られたり仕事でも助けてくれなかったりという悲惨な状態になる可能性があります。


職場で円滑に仕事をこなすには、ちょっとモテるくらいのほうが絶対に有利です。


社内恋愛に手を出してはいけませんが、モテる人になる努力をするのはとても良いことです。


またそれはプライベートでも生きてくるでしょう。


異性に嫌われている人は、モテるようになる努力をなるべく早く始めましょう。


努力次第で簡単にできることなのでやらないと大きな損をしてしまいます。


以下の関連記事を参考にしてください。


【得多すぎ】外見を磨く事は最強の自己投資という話【方法6つ】


🌟職場のストレスの原因と対策13:人間関係


人間関係がうまくいってない場合は多大なストレスがかかります。


職場で起こるほとんどの問題やトラブルが人間関係から生じるものです。


人間関係をうまく攻略するには、いろいろな人が持っている特徴を十分に把握することが必要です。


自分を知り相手を知って初めて勝利することができるのです。


関連記事;coming soon👍


🌟職場のストレスの原因と対策14:好きな仕事をしてない


日々ストレスが溜まる原因として、本当に自分が好きな仕事をしていないということが考えられます。


人間は自分が好きなことをしていれば全くストレスがたまらないどころか楽しいと言う状態になります。


人間は自分が好きなことをしていれば全くストレスがたまらないどころか楽しいと言う状態になります。


逆に嫌な仕事をやっていると、それだけでストレスの原因になります。


もし今の仕事がそんなに好きでは無いならば、思い切って転職をすることもあるでしょう。


個人的にはプログラミングなどのIT系の仕事はスキルアップにつながるので1度は経験しておいた方が良いと考えています。


以下の関連記事も参考にしてください。


【無料あり】プログラミングスクールおすすめ3選【30代以上OK】


また、私は今の時代は転職してどんどんスキルアップしていくことを推奨していますが、


転職して逆に条件が悪くなると言う可能性もあるのでそこも十分に考慮した上で慎重に行動しましょう。


まずは転職サイトをよく眺めて詳しくなることから始めましょう。


見ているだけならばノーリスクですし、徐々に転職のスキルが上がります。


良い会社を見抜く選球眼がつくようになってきますので、転職する気がなくても日ごろからどんな職場があるのかを眺めておいて損はないでしょう。


今の時代は新卒で内定が出た人も転職することを想定して転職エージェントに登録をして、どんな仕事があるかを探していると言う背景があります。


このように先のことを考えて動くと言うのはとても重要なことです。無料で登録して情報収集できる転職サイトについては以下の記事を参考にしてください。


転職が当たり前だった私のおすすめ転職サイトと転職エージェント

🌟職場のストレスの原因と対策15:飲み会


飲み会が頻繁にある職場というのがあります。


そういう集まりが好きな方は良いですが、嫌いな方はかなりストレスが溜まると言っていいでしょう。


しかも、そういう会社はそういう集まりに出席することが当たり前と言う雰囲気になっていることもあります。


嫌いな人にとってはたまったもんじゃありません。


そういう時は空気も何も読まないで良いので、はっきりと断って行かないようにしましょう。


断っていればそのうち他の人は飲み会には絶対に来ないというキャラクターが完成してあまり責められなくなるでしょう。


それに、嫌いなのに飲み会に行っても何か失態をおかしてしまったりするだけで、


断るよりも無理して出席する方がリスクが高いと考えてください。


🌟職場のストレスの原因と対策16:孤立


職場で孤立している場合は、過度なストレスがかかる原因となります。


誰も話す人がいなかったり、1日中誰とも喋ることがないという状態になってしまう人もいるでしょう。


結構辛いことですしストレスも溜まると思います。


そういう時は、無理に職場でのコミュニケーションを求めたりせず、職場は職場と割り切ってプライベートなるべく充実させるようにしましょう。


プライベートで恋愛に挑戦してみたりSNSで気の合う仲間を見つけてみたりと、


職場以外で他の人と接する機会があればとても精神的に楽になってきますし、仕事で孤立していても我慢できるようになるでしょう。


🌟職場のストレスの原因と対策17:給料


希望している給料が低いというのもストレスの原因になります。


資本主義である以上、なんだかんだ言ってもやはり人はお金がないと幸せになることができません。


給料が低い場合の対策としては以下が考えられます。


  1. スキル、知識を上げる
  2. 副業して副収入を得る
  3. 転職する


1つずつ簡単に解説します。


スキル、知識を上げる


会社ではスキルや知識を高めないと給料上げることができません。


1つに圧倒的努力をしてスキルや知識を高めていくという方法があります。


そして、仕事で実績を出し社長の高い評価を得ることが大切です。


しかし、職場やあなたを取り巻く状況によっては、どうひっくり返しても給料が上がらないという事は全然あり得るので、


どうしても給料をあげたい方は無理に頑張るよりは他の選択肢を考えましょう。


副業して副収入を得る


 今の時代は、職場で働きながらでもお金を稼げる副業いっぱいあります。


メインの給料低い場合は、無理してあげることを考えるのではなく副業に力を入れて稼ぐと言う選択肢も考えましょう。


特におすすめの副業はプログラミングです。プログラミングは副業以外にも使えて、とても応用性が高いです。できるようになればかなり稼げます。


以下の記事も参考にしてください。


【無料あり】プログラミングスクールおすすめ3選【30代以上OK】

転職する


今働いている職場で、どうしても給料が上がらない場合は転職も視野に入れましょう。


不思議なもので転職した瞬間に給料が上がるということも多々あります。


しかし、もちろん逆に下がってしまう可能性もあるので注意が必要です。


どんな会社があるか調べておくだけならノーリスク無料でできますので下の記事を参考にしてください。


転職が当たり前だった私のおすすめ転職サイトと転職エージェント


🌟職場のストレスの原因と対策18:嫌な上司


毎日上司に追い詰められてストレスを感じている人は結構多いと思います。


自分は優秀だったとしても、ダメな上司に当たってしまっただけでその会社で全く仕事ができない人というレッテルを貼られてしまうこともあります。


これはかなりのストレスになると思いますので、あまり無理をせずにどうしてもだめそうなら上司の変更希望を出すなどして対策をとりましょう。


だめな上司の対処法という記事も参考にしてください。


関連記事coming soon👍



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA