賢く稼ぐためには自分の時間を生きること。【自分の時間を生きるとは?】

私は自分の時間を生きると決意してから、お金を稼ぎやすくなりました。

この記事は以下のような疑問を持った方のために書きます

賢く稼ぐためには自分の時間を生きることが重要です。自分の時間を生きるとはどういう事でしょうか?

この記事を読むと賢く稼ぐ方法がよくわかります。

それでは記事を書いていきます。

賢く稼ぐためには自分の時間を生きること

結論を最初に言うと、自分の時間を生きていると、だんだん楽になってくるし、簡単に稼げるようになってきます。

自分の時間と他人の時間

時間には自分の時間と他人の時間がある。

自分の時間とは、自分が好きなことをやったり、自分のためになることをやったり、いわゆる自分の資産になるような物を生み出したりする時間だ。

例えば一例を挙げると、最近ならyoutubeで動画をアップしたり、ブログを書いたりする事が挙げられる。

このような時間を多く生きていないと、いつまでたっても所詮は孤独だし、生活も楽にならない。

一方で、、

他人の時間とは、サラリーマンとして他人の会社で働いたり、付き合いで飲み会に参加したり、自分の役に立たなく、特にやりたい事でもなく、続けていても何の資産にもならない時間のことだ。

これを続けていると、歳だけとってしまい、大した資産を得ることなく、いづれ必ず孤独になってしまう。

気をつけなくてはならない事は、他人の時間をただただ生きる事は意外と楽だ。

例えば、会社員として他人の会社で働くにしても、何も考えなくていいし、与えられた仕事をただただこなせばいい。

すでにビジネスモデルがあってそれをこなせば一定のお金が入ってくる、実はこんなに楽な事はないのだ。

でもこれに惑わされてはいけません。

他人の時間を生きることのリスク

他人の時間を生きることは実はとてもリスクが高いと言える。

その理由として、まずは思考停止になる。

これからの時代は自分で考えるということが、とても大事になってくるからだ。

自分の考えで舵を取って生きていかなければない。歴史上最高に個人の時代になりつつある。

また、他人の会社で一生働くのは無理だ、絶対いつかは放り出されるかクビになるだろう。

すでに終身雇用制度破綻している。自分で考えなくて良い分楽かもしれないが、ずっとお金をもらい続けるのは無理だ。

それに大企業でさえ潰れる時代だ、いつ会社が傾くかもわからない。

固定給をもらい続けて生きるというスタイルには全く長期性がないし、いつ終わるかわからない。

その時に、歳を取っていて、何の資産も稼ぐスキルも無かったらかなり後悔することになる。気づいてからでは遅い。

今まで楽してきた分のツケが回ってくる、会社員として固定給が入ってくると人はどうしても安心してしまし、不思議とそれがいつまでも続くと思ってしまう。

一旦目を覚まして、いつかは自分に時間を割き、賢く稼がなくてはならないことを自覚しよう。

自分に時間を割くとメリットが多い

一方で、自分の時間を生き、賢く稼ぐと言っても正直最初は大変だ。

最初は何のビジネスモデルもないし、自分で考えで自分で責任を取らなくてはならない。

完全に自己責任だ。安定した固定給なんてものは存在しない。

しかし断言しよう

自分の時間を生き、賢く稼ぐことは他人の時間を生きるより全然リスクが少なく長期性がある。

以下に自分の時間を生き、賢く稼ぐ事のメリットを挙げてみた。

完全に自分の時間を生きることができ、他者に自分の時間を奪われることもない。

人生のほとんどが自分の資産となって蓄積していく。

他人の都合に振り回されることが無くなる。

本当の仲間ができる、孤独から遠ざかる。

頑張って継続すれば、収益が安定する

つまり最初は大変だが、覚悟さえできて、継続して軌道に乗れば、良い事ばっかりなのだ。

今の不安定な時代、最終的には誰しもがいつかは自分の時間を生きなくてはならない時が来る。

早いうちの方が有利だ、早く始めよう。

私も以前は会社員として他人の時間を生きて、管理職として年収最高で1500万以上もらっていたが、辞めて自分の時間を過ごし始めて良かったと思っている。

その方が長期的に見て全然幸せになる。

まとめ

賢く稼ぐためには自分の時間と他人の時間がある事を知る

賢く稼ぐためには自分の時間を大切にして生きよう

他人の時間を生きるより、自分の時間を生きた方がリスクが圧倒的に少ない事を知る


本記事と合わせて読みたい記事のまとめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA